english

ブログ

2018.01.03

2018年もよろしくお願いします。
2018年もよろしくお願いします。

代表ブログ

2017が終わりました。2018年がはじまります。

大学生の頃、社会人の人に「学生時代が一番楽しいから思う存分楽しんでおけ」って言われたけど、

20代はもっと面白かったし、30代はさらに楽しかった。

さすがに30代後半から「もうそろそろ楽しく無くなるのかな」と思ったけど、
ところがどっこい、毎年、”自分史上の最高楽しい記録”を更新し続けてる。本気で昔には戻りたくない。

今年も本当に楽しかった。
皆様のおかげです。

心ある言葉をかけて頂いた方、
ありがとうございます。

そして、チクショウ!って思わせて頂いた方、
ありがとうございます。

“カチンと来たときは、自分で分かっていることを他人に言われた時。
グサっと来たときは、自分で分かっていなかったことを他人に言われた時。”

本当にその通りでした。
全て自分の成長の糧になっています。
ありがとうございます。

僕は昔から、人生の最後に「ああ、人生楽しかった!」と言って死にたいと思ってます。

本当にそんな人生にしたいし、自分の会社も、人生楽しんでる奴らの集団になるといいなと思ってる。

「人生は最高だ」って言ってる人の周りには人生は最高だと思ってる人が集まるし、「人生は最悪だ」って言ってる人の周りには人生は最悪だと思ってる人が集まる。
似た者同士が集まるのは自然の摂理な気がします。

人の好意に感謝し、それを返そうとする人の周りには、同じように感謝する人達が集まります。

会社がそんな人達の集まりだったら、うまくいかない訳がない気がします。

自分のために何かをするよりも、相手のために何かをする方が、得られる充実感や達成感は遥かに大きいので。

損得勘定も生きていくには必要だけど、それ以上に大切なもの、心が震える事のほうが生きてる気がします。

僕らは一流という言葉が好きで、うちの会社も一流を目指しています。会社も人も一流でありたいです。

何だかネットのSNSが普及したことで、より「知的であること」が、求められているように思えます。正しくなければいけないというか。。

間違えたっていいじゃんね、素直に「ごめんね」って言えば。「謙虚さ」や「素直さ」は、「知的さ」に勝る「次のかっこよさ」となるはずです。

以前、僕らが目指す一流の定義を、社内で話し合った事があるのですが、当時は、どちらかというと、技術やスキル寄りの話が多かった気がします。

でも今はこう考えています。本当の一流の人とは、特異な人でも異能の人でもなく、共通するのは謙虚で素直な人であると思います。

うちの会社は、周りの会社と戦う会社ではなく、
皆で支えながら、理想に向かって自分達の限界と戦う会社でありたい。「ありがとう」って言葉が飛び交う会社にしたいと考えています。

だからこそ、今年も「ありがとう」という言葉と共に、前に進んでいきます。

昨年は本当にありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

お問い合わせ

メールフォームからの
お問い合わせ