ブログ

良いwebサイトとは? web担当者に贈る!正しいweb制作会社の選び方・使い方 準備編

2017.12.30

ある日突然会社から、

「会社のホームページ、更新とかよろしく」

「今度新しい商品だすからwebで販促したいんだけど、担当としてやってちょうだい」

「パソコン詳しそうだからホームページもできるでしょ?」

 

そんなこと言われてしまったweb担当の方、いませんか?

そんなこと言われちゃってもまさか自分で作ることなんてできないし、どこかにお願いしようにもたくさんあって、どこに頼んでいいのやら。ぐぬぬ。。。

ここではそんなweb担当になった方のために株式会社AXISWEBディレクターのトミナガが良いwebサイトを作る正しいweb制作会社の選び方・使い方を何回かに分けて紹介します。

 

まずは準備編

まずwebサイトの目的を決める。シンプルで簡単な方が良いのです。

一言で言ってもWebサイト(ホームページ)にはいろんな種類があります。

 

  • 会社のWebサイト(ホームページ)
  • 商品のWebサイト(ホームページ)
  • 買い物ができるWebサイト(ホームページ)
  • 採用情報専用のWebサイト(ホームページ)

などなど、まだまだありますが。。。

そしてこのWebサイト(ホームページ)にはそれぞれの目的があります。

 

会社のWebサイト(ホームページ)

企業の情報(どういう会社か?何の商売をしているのか?)を伝える

 

商品のWebサイト(ホームページ)

商品の情報(使用方法、商品のイメージ、)を伝える

 

買い物ができるWebサイト(ホームページ)

物を買う

 

採用情報専用のWebサイト(ホームページ)

求人にエントリーしてもらう

 

「こんなこと言われんでもわかってるよ!!!○鹿にしてんのか!!フガフガ・・・」

決して馬○にはしておりません。。。

もう少し言い方を変えると・・・

webサイトに掲載しているのは全て目的の為の手段です。

 

例えば、会社のWebサイト(ホームページ)に「企業理念」という項目があったとします。これは目的である「企業の情報(どういう会社か?何の商売をしているのか?)を伝える」ために掲載します。

「企業理念」を伝えるためのwebサイト(ホームページ)ではありません。

 

例えば、商品のWebサイト(ホームページ)に商品の写真、利用シーンのページがあったとします。これは目的である「商品の情報(使用方法、商品のイメージ、)を伝える」ために掲載します。

「商品の写真、利用シーン」を伝えるためのwebサイト(ホームページ)ではありません。

注意:手段と目的が整理されていないとぼやっとしたサイトになります。

 

僕たち私たちwebディレクターはこの目的を達成するために様々な手段をwebサイト(ホームページ)で講じます。

「企業の情報(どういう会社か?何の商売をしているのか?)を伝える」ために社長インタビューのページがあった方がいいんじゃないか?

「商品の情報(使用方法、商品のイメージ、)を伝える」ために商品を実査に使用している動画があった方が良いんじゃないか?

会社、商品の持つ魅力を最大限引き出して効果的にユーザーに伝え、目的を達成します。

 

webサイトでは様々な表現やできることが年々増えてきて、伴って役割も複雑化していますが、「伝える」という本質的なところは変わっていません。

もっとも大事な「webサイトの目的」、「webサイトで実現したいこと」をweb担当者としてまず考え、、、

 

高い志を持ってweb制作会社を探すのですよ!!

すみません。取り乱しました。

色々書きましたが、まずは目的を決めること、これが最重要であり、一番最初に決めなくてはならいことです。あとは良い制作会社、webディレクターに出会えれば良いwebサイトになります!

というわけで、次回は「正しいweb制作会社の選び方」をお届けします。

ホームページ制作・LP制作

集客やサイト改善などWebに関することなら、
何でもお気軽にお問い合わせください

ウェブ集客のご相談、見積り依頼などは、こちらからお問い合わせください

ご相談・お問い合わせ

サービスや実績などをまとめた会社案内は、こちらからダウンロードできます

会社資料ダウンロード

お急ぎの方はお電話でも相談いただけます

0120-439-241