ブログ

Photoshop初心者向けTips 選択範囲の決め方イロイロ

2018.02.12

ホームページ制作において、写真を一律のサイズにトリミングして表示する事がよくあります。

選択範囲を指定する場合、通常、ガイドが表示されるので、神経を研ぎ澄ましていればドラッグで一発選択することができます。


ただ、シビアに選択したい場合や対象がたくさんある時などは非効率です。

そこで、Photohop初心者の傾けにちょっとしたTips紹介です。下記の2点を覚えておくと何かと便利ですよ。

選択範囲を数値で指定する


長方形選択ツールで適当に範囲選択をします。

後から数値指定するので、この時は場所も大きさも適当で構いません。


適当に選択したら、メニューバー→選択範囲→選択範囲を変形を選択。

このコマンドは探しづらいので、ショートカットに登録しておくと早く作業できます。



すると、上部のメニューが上記にように変わります。ここに数値指定してあげればOKです。

よく使う動作ですが、初期設定で数値入力できるプロパティが表示されないので、覚えておくと便利です。

初期設定ではショートカットが振られていないので、前述の通り、カスタマイズしておくと便利に使えますよ。

選択範囲を保存

同じサイズで複数の画像をトリミングしたい時などは選択範囲を保存しておくと便利です。


一番小さい画像のサイズに合わせて他の画像をトリミングしてみましょう。

まずは、一番小さい画像のサイズで選択範囲を作ります。


選択したら、「チャンネル」パネル下部の「選択範囲をチャンネルとして保存」をクリックします。すると先ほど選択したところが「アルファチャンネル 1」として保存されます。

ちなみにチャンネル名の横に表示されている「command+6」はショートカットです。このチャンネルを呼び出したい時はここに表示されるショートカットで再選択できます。

「command+6」をクリックすると先ほど保存した選択範囲「アルファチャンネル1」のみが表示されます。

先ほど保存した選択範囲を読み込むには、メニューバーの選択範囲→選択範囲を読み込む…をクリック。


チャンネルの選択肢から、読み込みたいチャンネルを選択します。

あるいは先ほどの「command+6」で指定したいチャンネルを選択→「チャンネルを選択範囲として読み込む」をクリックでも読み込みができます。

読み込んだら、チャンネルをRGBに戻して作業しましょう。

同じチャンネルを読み込んで、それぞれにマスクをかければ、同じ画角でトリミングできます。

今回のように配置する画像のサイズがバラバラな場合は、こんな風に選択範囲を保存しておけばホームページ制作がサクサク作業が進みますよ。

 

ホームページ制作・LP制作

集客やサイト改善などWebに関することなら、
何でもお気軽にお問い合わせください

ウェブ集客のご相談、見積り依頼などは、こちらからお問い合わせください

ご相談・お問い合わせ

サービスや実績などをまとめた会社案内は、こちらからダウンロードできます

会社資料ダウンロード

お急ぎの方はお電話でも相談いただけます

0120-439-241