english

ブログ

2018.03.15

誰にでもできる!ホームページを活用するための心構えをチェックしよう。
誰にでもできる!ホームページを活用するための心構えをチェックしよう。

ホームページ制作関連

営業担当の澤田です。

企業さまとの初回ヒアリングをさせていただくと、

「自社のホームページを活用したいけど、どうしたらいいの?」

そんな漠然としたご相談をいただくことがあります。

 

・これからはネットに力をいれていこうと思っている・・・

・ホームページからの問い合わせを増やしたい・・・

・ホームページはあるけど、ぜんぜん役に立たない・・・

・前はそれなりに反響あったのに・・・

 

こんな言葉を口にしたことはありませんか?

弊社は岐阜を拠点としていますので、お問い合わせやセミナーを通じて、

地元の企業さまと直接お話をさせていただく機会が多くあります。

これは私の肌感覚なのですが、地方に行けば行くほど上記のフレーズを耳にする印象があります。

ホームページを何とかしたいと思っているけど、

どうしたらいいのか分からない方がたくさんいらっしゃいます。

 

また、地方だと周りにウェブに詳しい人がいないからなのでしょうか。地方だと情報が入ってこないからでしょうか。

中には地方だからホームページの活用が遅れていると考える方もいらっしゃいます。

 

手前味噌にはなりますが、弊社も岐阜の会社ですが、

東京や名古屋にある企業さまのインターネットビジネスの活性化に向けたお手伝いをさせていただいています。

大手広告代理店から乗り換えてお取引きを始めさせていただくこともあります。

 

もちろん、私たち以外にもホームページの活用ができている地方の企業さんもいらっしゃいます。

ホームページの活用ができていない理由は地方の企業だからというのは、思い込みにすぎないのです。

 

このように、ホームページに対して間違った思い込みはいくつもあります。

その思い込みが会社のホームページに反映されていることもあります。

では、自社のホームページとどのように向き合ったら良いのかをお伝えします。

 

ホームページがただの会社案内になっていませんか?

自社のホームページを作った目的は何かを振り返ってみましょう。

自社のサービスを伝えたい、問合せを増やしたい、採用の応募者を増やしたい。

様々な目的があると思いますが、その目的を満たす情報は書かれていますか。

ご自身がお客様だとしたら、そのサービスを受けてみたいと思えるか見直してみましょう。

会社のパンフレットや名刺代わりになっていませんか。

 

ホームページ制作は制作会社に丸投げでいいと思っていませんか?

制作会社はデザインやホームページの見せ方を考えることは得意です。

ただし、制作会社だけでは企業の思いを伝えることは難しいです。

どんなホームページにしたいか、何を伝えたいか、どんな強みがあるか、会社の背景などは企業の方でしか分かりません。

企業側で考えること、制作会社で考えること、それぞれの役割を決めてを二人三脚で取り組むことがとても重要です。

 

☑ホームページの情報は自分が理解できればいいと思っていませんか?

自社のこととなると当然、思い入れもあるでしょう。

ついつい、企業目線で伝えたいことが先行することもあるかと思います。

ここで一歩立ち止まって考えるべきことは、その情報は誰に届けたいのか?ということです。

業界に詳しい人しか理解できないような専門用語ばかりになっていたり、

細かい文字ばかりで情報が見つけにくくなっていませんか?

大切なのはお客様視点に立つことです。

ご自身での判断が難しい場合は、家族や友人に見てもらって意見をもらうと思いもつかなかった意見が出るかもしれません。

 

☑キレイなデザインであれば良いと思っていませんか?

キレイなデザインであることは決して悪いことではありません。大切なのはホームページの中身です。

デザインばかりを優先して、伝えるべきことが漏れていたり、本来伝えたいメッセージが薄れたりしていませんか。

 

ホームページは作ったら終わりと思っていませんか?

ホームページは紙媒体と違い、作った後でも更新ができます

紙媒体は作るまでがゴールですが、ホームページの場合は作ってからがスタートです。

サービス内容など企業の中身が変わっていくのに、ホームページは作ったときのままなんてとにはなっていませんか。

ライバル企業が更新に力を入れていたら、どんどんと差は開く一方です。

 

☑現状のアクセス数を把握していますか?

Googleアナリティクスなどのアクセスツールは確認できていますか。まずは現状の把握をすることが大切です。

ホームページからの問合せが無いのは単純にアクセスがないからかもしれません。

アクセスが多いのに問合せに思うような問い合わせ獲得ができていない場合はページの中身に問題があるかもしれません。

ただ、なんとなくではなくデータを見て原因を考えましょう。

 

最後に

ホームページと聞くと専門的な知識やスキルなどのテクニックが必要と考えがちですが、

テクニック以上に想いや考え方などのマインド方が大切なのではないかと感じています。

自社のホームページ活用について考えるきっかけになれば嬉しく思います。

WEBコンサルティング

最適化・最大化させる。

制作、集客、解析、改善、検証まで一気通貫した完全オーダーメイドのWebコンサルティング。
お客様のビジネスゴールに向けた戦略的コンサルティングを行います。

VIEW MORE くわしく見る

ホームページ制作

キレイなだけじゃない。

競合分析・サイト設計から更新・運用までトータルサポート。
Web集客のプロが在籍しているアクシスだからこそ実現するデータに基づき最適化されたHPを制作します。

VIEW MORE くわしく見る

ネット集客・広告

来てほしい人が来てくれる。

御社にとっての最適解は、本当にリスティング広告で集客することですか?
リスティング運用者全員がWebコンサルタントのアクシスでは、そこから話を始めます。

VIEW MORE くわしく見る

解析・分析・改善

あなたのサイトを丸裸に。

Webサイトの現状を正しく把握し、目指すべき姿とのギャップを知る。
“2軸思考”であなたのWebサイトを丸裸にし、Webサイトで今何が起きているかを正しく把握します。

VIEW MORE くわしく見る

お問い合わせ

メールフォームからの
お問い合わせ