english

ブログ

2018.03.07

良いwebサイトとは? web担当者に贈る!正しいweb制作会社の選び方・使い方 番外編 制作をお願いする前にこれを確認するんだよ
良いwebサイトとは? web担当者に贈る!正しいweb制作会社の選び方・使い方 番外編 制作をお願いする前にこれを確認するんだよ

Web制作ホームページ制作関連

みなさんこんにちは。

ある日突然会社から

「会社のホームページ、更新とかよろしく」

「今度新しい商品だすからwebで販促したいんだけど、担当としてやってちょうだい」

「パソコン詳しそうだからホームページもできるでしょ?」

そんなこと言われてしまったweb担当の方、いませんか?

 

そんなこと言われちゃってもまさか自分で作ることなんてできないし、どこかにお願いしようにもたくさんあって、どこに頼んでいいのやら。ぐぬぬ。。。

 

ここではそんなweb担当になった方のために株式会社AXISのWEBディレクターのトミナガが良いwebサイトを作る正しいweb制作会社の選び方・使い方を何回かに分けて紹介します。

 

前回までweb制作会社の使い方を綴ってきました。

※前回の正しいweb制作会社の使い方編はこちら

 

今回は番外編と称して、制作に入る前の確認事項をお届けします。

 

 

ドメイン、サーバーの契約は?

ドメイン、サーバー共に買い切りではありません。(サーバーはレンタルの場合)

ドメインも年間で料金がかかってくるものです。

その支払いは自社でやられていますか?

現在のホームページを作った制作会社がサーバー、ドメインともに契約をしている場合もあります。新しい制作会社でリニューアルをする場合、契約をかえてもらうか、新しく準備しなくてはいけません。

※ドメイン、サーバーの契約はしっかり確認しておきましょう。

 

メールアドレスは?

今使ってるメールアドレスを確認しましょう。

もしホーメページのアドレスと@以下が違っている場合、注意が必要です。必ず理由を調べましょう。

 

もしかしてホームページ作成ツールを使ってる?

Wix等のオンライン上でコンテンツ作成をして自分でホームページをつくれる!!というサービスです。

この場合もドメイン、サーバーを新しくとりなおすことになるかもしれません。

プラン等によってはドメインは引き継ぐことができたりしますので、よく確認しましょう。

 

グーグルアナリティクス入ってる?

前担当者が入れてみた。ってこと結構あります。

入れてみたけど、全く使っていなくて、そのまま退職。ログインIDすらわかりません。ってことも結構あります。

新しくアカウントを作って入れる事も出来るのですが、リニューアル前の数字との比較をするためにも、絶対に調べておいた方が良いです。データは嘘つきません。

 

Web広告やってた?

これも前担当者が入れてみた。ってこと結構あります。

これも入れてみたけど、全く使っていなくて、そのまま退職。ログインIDすらわかりません。ってことも結構あります。

これも新しくアカウントを作って入れる事も出来るのですが、リニューアル前の数字との比較をするためにも、絶対に調べておいた方が良いです。データは嘘つきません。

 

 

自社で更新している?またはするつもり?

この場合CMSと呼ばれる仕組みを利用します。多くはワードプレス(wordpress)やムーバブルタイプ(movable type)です。

この仕組みが入っている場合と入っていない場合では予算、スケジュールに違いが出てきます。

※本当に自社更新が必要なのか、よく考えましょう。あまり更新頻度のないコンテンツをわざわざ自社更新にして、数ヶ月更新無し。ならばない方が見た目も予算的にも良いのです。

 

 

まとめ。

上記をすべて確認したらホームページ制作のスタートです。

以下確認が必要なもの

  • サーバー
  • ドメイン
  • メールアドレス
  • 今のホームページの仕組み
  • グーグルアナリティクスの状況
  • web広告の状況
  • 自社更新の必要性

 

もしわからなければ、「よくわからないんです!」としっかりホームページ制作会社の人に伝えてみましょう。良いホームページ制作会社ならば、やさしく教えてくれるはずですよ。トミナガは優しく教えます。

 

Web担当者になったならこの辺りの確認からはじめてみましょうね。

お問い合わせ

メールフォームからの
お問い合わせ