english

ブログ

2018.05.21

初心者でもできる!Photoshopで簡単に人や物の不要な部分を消す方法
初心者でもできる!Photoshopで簡単に人や物の不要な部分を消す方法

Web制作ホームページ制作関連

こんにちは、制作部の青木です。ホームページ制作をする時の素材で、カメラマンによる写真撮影や素材ページから素材を集めてホームページを作ることが多いでしょう。
写真や素材によっては、写り込んで欲しくない人や物が入っていたり、商品の汚れであったり、不要なものが写っていることがあります。上記の問題があることによって、素材を選び直すこともあるのでしょう。

そこで今回は、Photoshopを用いて不要な箇所の削除方法について書かせていただきます。この作業は、Photoshopをあまり使ったことがない人でも簡単にレタッチ(加工)ができるので、覚えていただくと、今後制作の際に幅も広がるかと思います。
※Photoshopのバージョンはcc2018を使用していますが、今回の作業はCS6,CS5以降であれば対応しております。


目次
1.レイヤーの確認
2.なげなわツールの使い方
3.塗りつぶし ― コンテンツに応じる
4.スポット修復ブラシツール
5.まとめ


 

1.レイヤーの確認

まずは、こちらの画像の奥に見える船と手前に見えるボートを削除していきたいと思います。

編集したい画像や写真をPhotoshopに表示させます。レイヤー情報を見たときにスマートオブジェクトになっていないことを確認してください。スマートオブジェクトの状態になっていると、画像の加工ができないので、もしスマートオブジェクトになっている場合は、ダブルクリックをして別ファイルで開くのか、レイヤーを右クリックして「レイヤーをラスタライズ」をして下さい。


2.なげなわツールの使い方

レイヤーがスマートオブジェクトになっていないことを確認できたら、まずは右上にある船の画像を消していきたいと思います。消し方は何種類かやり方はありますが、こちらの船は、「塗りつぶし」で消していきたいと思います。

左側にあるツールバーに「なげなわツール」というものがあります。こちらは、選択ツールの1つで、大まかに選択したい時に使用をしています。

「なげなわツール」で船の周りを囲います。厳密に消したいものを選択しなくても下記の画像のように大胆に背景とうまく馴染むであろう箇所も含めていただいて大丈夫です。


3.塗りつぶし ― コンテンツに応じる

選択ができたら、「編集」→「塗りつぶし」を押します。

「塗りつぶし」を押すと、塗りつぶしのウィンドウが出るので、内容を「コンテンツに応じる」を押します。それ後に「OK」ボタンを押しますと、船が消えて、空と海がうまいことコンテンツに応じてくれます。

「コンテンツに応じる」をした後の画像は下記の画像になります。


4.スポット修復ブラシツール

右上の船は塗りつぶしの機能を使いましたが、次は左下にあるボートを別のやり方で、消してみたいと思います。

次に使う機能は、左側のツールバーにある「スポット修復ブラシツール」です。

「スポット修復ブラシツール」は、なぞった箇所をコンテンツに応じてくれるツールとなっています。こちらの機能は、先程やった塗りつぶし機能よりはるかに簡単にできる作業となります。
特にちょっとしたシミやしわのなぞるだけという、簡単にコンテンツに応じてくれます。
もちろん、先程右上で消すことができた船もこちらの機能で消すことができます。

こちらの画像が先程「スポット修復ブラシツール」でボートを消した画像になります。

この画像だけ見た人は、船やボートが写っている画像とは思わないくらいに、意図も簡単にレタッチができてしまいます。


まとめ

今回は、2つのやり方で消し方を紹介させていただきました。こちらの機能を使えば、ホームページ制作の素材で、写り込んではいけないもの、例えばペットボトルのラベルであったり、服のシミしわ、車のナンバープレートも消すことができます。Photoshop初心者の方でも簡単に画像のレタッチができるので、少しの配慮でもクライアントが喜びますので、是非こちらの機能を試してみてはいかがでしょうか。
また、商品のカラーバリエーションの写真撮影をしても実物と似た色を出すことが難しいことがありますので色の置き換えでカラーバリエーションを実物と近づけることができます。髪の毛の色を暗くして欲しいなどとご要望もあるので、こちらの機能を覚えておくといいでしょう。

※「コンテンツに応じる」は背景が単調、例えば空や海、芝、服などで効果的に使えます。消したい周りの背景が複雑な場合は、上手にコンテンツに応じることができないことがあります。


その他、初心者向けの記事が他にもあります。


お問い合わせ

メールフォームからの
お問い合わせ