ブログ

2018.05.15

Googleアナリティクスの目標設定をアドワーズでコンバージョンとしてカウントする方法
Googleアナリティクスの目標設定をアドワーズでコンバージョンとしてカウントする方法

アクセス解析リスティング広告

こんにちは、深尾です。

リスティング広告でコンバージョンは必ず設定しますよね。一般的には購入完了ページや、電話番号タップ、入力フォーム閲覧などを設定することが多いです。

ただ、アドワーズにもともと備わっているコンバージョンの設定方法では、求めているコンバージョンが計測できない場合があります。

例えばブランディングが目的のサイトでは、特定のページにたどり着くことよりも、滞在時間やページビューを指標にした方が良いかもしれません。

そんな時は、Googleアナリティクスとアドワーズを連携することで、アドワーズだけでは設定できなかったより柔軟なコンバージョンが計測できるようになります。今回はその方法をご紹介します。

Googleアナリティクスの目標をアドワーズにインポートするには?
1. アナリティクスとアドワーズの連携
2. アナリティクス上の目標設定
3. アドワーズ上でアナリティクスから目標をインポート

 

①アドワーズ&アナリティクスの連携方法:
まずはアドワーズアカウントとアナリティクスアカウントを連携する必要があります。

アナリティクスの管理画面にて、アドワーズのリンク設定を選択します。

「新しいリンクグループ」から、連携したいアドワーズアカウントを選択します。

アドワーズ&アナリティクス連携に必要な設定はこれだけです。次にアナリティクス上で目標設定を行います。

 

②アナリティクスでの目標設定:
ここではアナリティクスで計測したい目標を設定します。

例えばブランディングが目的のウェブサイトでは、平均滞在時間を目標に設定しても良いですね。「1分以上サイトに滞在した人」をアドワーズ管理画面で表示することができれば、アドワーズ管理画面で、どんなキーワードで流入した人がサイトに興味を持っているか?を簡単に分析できます。

アナリティクス管理画面から目標へと進みます。

「新しい目標」へ進みます。

「目標設定」の項目で「カスタム」を選択し、「続行」を押します。

次に設定したい目標のタイプを選びます。選択できるのは4タイプです。

到達ページのみではなく、滞在時間やページビュー数、イベントなど、アナリティクス特有の指標を設定することができます。もしタグ管理ツールのGoogleタグマネージャを導入していれば、アナリティクスにイベントとしてデータを送ることで、簡単に幅広い目標設定を行うことができます。

例えば、動画を再生したタイミングでの計測や、75%以上再生したタイミングでの計測を行うことができます。実際に動画再生を広告のコンバージョンとして設定することは少ないかもしれませんが、様々なアクションをコンバージョンとして設定できる、ということが伝わればと思います。

 

③アドワーズに目標を反映させる:
最後はアナリティクスで設定した目標をアドワーズに反映させます。
アドワーズ管理画面の「運用ツール」から「コンバージョントラッキング」を選択します。

画面左から「Googleアナリティクス」を押すと、先ほどアナリティクス上で作成した目標が一覧で表示されます。アドワーズで表示したい目標を選択し、「インポート」を押すと、アドワーズにコンバージョンとして反映されるようになります。

まとめ:
アドワーズに最初から備わっているコンバージョンだとうまく分析できないと悩んでいる方も、アナリティクスとの連携を活用することで柔軟な分析ができそうですね。もっと良いコンバージョンが採れないか?と思ったら、アナリティクスで試してみましょう。

お問い合わせ

メールフォームからの
お問い合わせ