LTV

  • 意味 LTVとは、顧客1人あたりが特定のサービスを生涯利用する金額の合計のこと
  • 読み方 エルティーブイ
  • 別名 ライフタイムバリュー

LTVとは?

LTVとは「Life Time Value」の略称であり、日本語に訳すと「顧客生涯価値」です。
LTVとは、顧客1人が生涯を通じて企業にもたらす利益を指します。

LTVを決める要素として、商品の平均購入単価や、一人あたりの平均購入頻度(リピート率)、平均継続期間などが挙げられます。

顧客単価を上げる、購入頻度を上げる、継続率を上げることでLTVを上げることに繋がります。
LTVを上げることでビジネスを継続的に成長させていきましょう。

計算式

LTVには算出方法がいくつかあります。
「平均購入単価(円)×平均購買頻度(回)×平均継続期間(年)」
「顧客の年間取引額 (円)× 収益率(%) × 顧客の継続年数(年)」
「(平均購買単価(円) × 購買頻度(回) × 継続購買期間(年))-(新規獲得費用(円) + 顧客維持費用(円))」

使い方

上司「新しいお客様を獲得するのは、費用も時間もかかるし大変だね。」
私「既存のお客様にリピートしてもらえる様な施策を打って、LTVを向上させましょう。」

練習問題

平均顧客単価が5,000円で平均購買頻度が1年に6回、平均継続期間が3年だった場合、LTVはいくらでしょうか

答え:90,000円
【解説】
平均購入単価×平均購買頻度×平均継続期間=LTVなので、
5,000(円)×6(回)×3(年)=90,000