リスティング広告で指名検索、指名キーワードを出すべき3つの理由

「リスティング広告で指名検索、指名キーワードを出すべき3つの理由」のアイキャッチ画像

指名キーワードとは、店名や企業名、ブランドネームのことです。

そして、「指名キーワード」で検索することを「指名検索」と呼びます。

 

このサイトにおいては、

  • Marketing Quest
  • マーケティングクエスト

などのキーワードでの検索が「指名検索」にあたります。

 

指名検索で広告を表示する人は当然、そのお店、その会社のことを知っています。

また一般的に、自社のサービスを利用する可能性が高いユーザーです。

 

たいてい SEO においても、上位表示する可能性が高いはず。

それにも関わらず、広告費を使ってまで自社の広告を表示させる理由はあるのでしょうか

 

一見、無駄な広告費を使うだけで出す理由がないと感じます。

しかし、リスティング広告ならではのメリットが存在するのです

 

そこで記事では、指名キーワードにリスティング広告を出稿する意味を紹介していきます。

まだ自社で指名キーワードを出稿していない場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

指名キーワードでリスティング広告を出稿するべき3つの理由

他社の広告が表示されることによる機会損失

リスティング広告は、その性質上、競合他社が自社の店名や会社名に広告を出せてしまいます

リスティング広告が表示される枠は、自然検索の検索結果より上位に表示されます。

もし競合他社の広告が上位に表示された場合は、ユーザーが競合他社のサイトに流れてしまう危険性があるのです。

 

そのような場合、指名キーワードの検索結果に広告を配信することで、自社の既存顧客を逃すリスクを抑えられます。

同名他社が表示される際に、自社サイトを表示させる

同名他社の広告が自社の検索結果に表示されてしまう場合があります。

もし表示された場合は、ユーザーが「検索意図と違った」と誤って判断してしまう可能性があるのです

例えば、上記の画像は「アップル」で検索したときの検索結果です。

 

赤枠で囲った部分はiPhone等で有名な「Apple」のページです。

青枠の部分は車買取の「アップル」のサイトです。

 

自然検索では、iPhoneの「Apple」が1位に表示されています。

もしAppleが広告を出していないと、車買取の「アップル」の広告が検索結果の1番上位に表示されるでしょう。

 

どちらの企業も「アップル」で検索されたときに、広告を出しています。

その理由は、「アップル」と言うキーワードだけでは、iPhoneのほうなのか、車買取のほうなのか、ユーザーの意図が分からないためと考えられます。

 

iPhoneの「Apple」を探しているユーザーにとって、車買取が上位に表示されていたら違和感があります。

一方で、車買取の「アップル」を探しているユーザーにとって、広告と自然検索の両方でiPhoneの「Apple」が表示されていたらどうでしょう?

おそらく意図と違うと別のキーワードで再検索をしたり、検索結果から探し出す手間が発生したりして、ユーザーの流出に繋がってしまうはず。

 

また、自然検索において、車買取の「アップル」は自社の名前にも関わらず1位に表示されません。

もし広告を出稿しないと、自社の名前であるにもかかわらず、検索上位に表示されないという事態が起きてしまいます。

検索結果の占有面積を広げ、サイトへの流入数増加と流出の防止

Internet Marketing Ninjas社の調査によると、自然検索で1位に表示された際のクリック率は約21.1%前後と言われています。(※1)

商標などの指名キーワードでは、他との重複度などにもよりますが、40~70%程度です。(※2)

いずれにもしても、一定数にユーザーは別のサイトにアクセスしているのです。

 

そこでリスティング広告を出稿してみると、自然検索と合わせた2つを検索結果に表示できます。

検索結果の画面の占有面積を広げられるので、サイトへのアクセスを増やし、ユーザーの流出を防止する効果が期待できます

 

    

上記の画像はビットコインで有名な「ビットフライヤー」で検索したときの結果になります。

赤枠の部分が広告と自然検索でビットフライヤーがツイッターも含めた自社の占有面積となります。

 

仮に広告を出していなかったとしたらどうなるでしょうか?

赤枠の自社の占有面積が一気に少なくなります。

 

また、下の方にはニュースサイトやブログなど、タイトルを見るだけで気になるサイトが多く表示されています。

自社への流入数を増やし、流出を防ぐには指名検索で広告を表示することも重要と言えます。

まとめ

この記事では、リスティング広告で指名キーワードを出稿するべき理由を紹介しました。

 

店名や会社名で広告を出すことは、広告費の無駄遣いと思われがちです。

しかし、検索で探しに来たユーザーを取りこぼさない観点では、リスティング広告を出すのはメリットがあります。

 

とはいえ、元々店名や会社名で検索しているユーザーは確度の高いユーザーです。

広告がなくてもアクセスしてくれる可能性もあります。

指名キーワードで出稿するべきかは、予算との兼ね合いでうまく運用していくことが重要ですね。

 

 

※1…出典:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study|Internet Marketing Ninjas Blog

※2…弊社取り扱い事業者のSearch Consoleデータに基づく