【学校のWeb集客】読み手の思いから読み解く、ホームページ改修のポイント

「【学校のWeb集客】読み手の思いから読み解く、ホームページ改修のポイント」のアイキャッチ画像

 

こんな方におすすめの内容です

・オープンキャンパスなどの集客を担っている広報担当者様

・Webを活用して自校の魅力を伝えたいとお考えの学校法人の経営者様

 

誰もがスマートフォンを持つようになった今、受験生を獲得する学校現場でもWeb集客の重要性が高まっています。

既にホームページの改修に取り組んでいる学校様も多いかと思いますが、「思ったような反響が得られていない…」とお悩みの担当者様もいらっしゃるかもしれません。

では、ホームページを改修する上でどんなポイントを抑えると良いでしょうか?

この記事では大きく5つのポイントに沿ってご紹介していきます。

ホームページ改修の5つのポイント

  1. ホームページ改修の目的の明確化
  1. 改修に合わせて、学校のブランドイメージを確立
  1. 読み手が欲しい情報が何かを細分化してホームページで伝える
  1. 学生生活を想起できるように受験生の不安を払拭させる
  1. 専門性の学校や学部は1〜2年生から認知を広げるアプローチ

 

学校のホームページ改修はこの5つのポイントが大切になります。

そのポイントを1つずつ解説していきます。

1.ホームページ改修の目的の明確化

そもそもホームページを改修する理由(目的)は何でしょうか?

ホームページを改修する理由(目的)は?

スマートフォン対応ができていない,志望者数を増やしたい,学校の信頼を得たい,学校の取り組みをアピールしたい,自分達で情報を更新したい,デザインが古くなったから一新したい,予算が余ったので

おそらく多くの方がこのように答えるのではないでしょうか?

確かにデザインが良くなったり、スマホに対応して操作性が向上したりと良い面もありますが、改修の目的とターゲットを曖昧に設定すると、ホームページ自体の内容も曖昧になってしまう場合も。

ホームページを改修する理由は学校によって様々ですが、お金をかけてただなんとなく改修するのではなく「読み手」を想定して目的を設定することが大切です。

なぜなら、読み手によって求めている情報や解決したい悩みがそれぞれ異なるからです。

2.改修に合わせて、学校のブランドイメージを確立

ホームページの読み手を「受験生」とした場合、大学側としては学校について知ってほしいし、出願もしてほしい、こんな学校ですよと伝えたい。でもそこには、高校生に大学の狙いや魅力が本当に伝わっているかを知る必要があります。

 

学校のブランドイメージを確立

学校のブランドイメージを確立

学校側と読み手との間の認識が違えば、メッセージの伝え方も変わります。

ホームページは学校の「顔」になるため、改修に合わせて学校側の方針や見せ方、想いなどを見直すいいタイミングとなります。

3.読み手が欲しい情報が何かを細分化してホームページで伝える

大学を例として挙げた場合、どのような訪問者(読み手)がいるでしょうか?

また、どんな目的で大学のサイトに訪れているでしょうか?

想定されるホームページの訪問者(読み手)

受験生、在校生、保護者、卒業生、高校職員、企業採用担当、地域の方

【それぞれの訪問者が求めている情報】

受験生:学部情報・入試情報を知りたい

在校生:休講・テストの日程を知りたい、ポータルサイト

保護者:学校情報や学費、奨学金について知りたい

卒業生:証明書発行の手続き

学校職員(高校):学校の特長や薦める学生に合っているか

企業の採用担当者:求人票の提出やインターン生を募集したい

地域の方:イベントやNews、公開講座の情報を知りたい

 

この7種類の読み手に対して、それぞれ目的に合わせた情報を伝えることが必要となります。

そして、読み手に対して目的を達成するためには、「サイトに訪れたユーザーに、どんな行動をしてもらいたいか」を明確にすることが重要です。

「誰に」「何を」伝えるかを具体的にするためにターゲット設定、ゴール設定を行います。

ターゲット設定・ゴール設定

読み手が何を求めているのか、どんな悩みがあるのか、年齢・性別、お問い合わせ、資料請求、オープンキャンパスの参加申し込み、イベント参加、Web出願をしてもらう、学費、テキスト、学校の特徴、画像・動画、学生の声、コンテンツの優先順位、就職先の実績、ページ構成をどうするか、課題の発見、仮設・施策立案、検証・改善

誰に

■年齢、性別

■どんな悩みがあるか

■何を求めているか

まずは、読み手が何を求めているのか、どんな悩みがあるのかを洗い出します。

何をしてもらう

次に、読み手にどんな行動を起こしてもらいたいかを考えましょう。

■お問い合わせ

■資料請求

■オープンキャンパスの参加申し込み

■イベント参加

■Web出願をしてもらう

何を

■学費

■学校の特長

■学生の声

■就職先の実績

どう伝える

■テキスト

■画像、動画

■コンテンツの優先順位

■ページの構成をどうするか

アクセス解析

訪問者に伝えたい情報が伝えられているか?最初に立てた仮説と比較してどうなのか?

改修後も課題を見つけて改善をし続けることが大切です。

 

改修後もPDCAサイクルを行う

 ・課題発見(現在の課題は何か?)

 ・仮説、施策立案(その原因はこれではないか?)

 ・検証、改善

資料請求、お問い合わせなど、それぞれの読み手に対して、行動を起こしてもらうために何をどのように誘導するのかを決めます。

4.学生生活を想起できるように受験生の不安を払拭させる

読み手を受験生と設定した場合、大学について知りたいことは以下のことが想定されます。

 

  • 就職先、支援体制はどうなの?
  • なにが研究できるの?
  • 講義の内容、学べる事とは?
  • どんな部活、実績って?
  • どんなサークルがあるの?
  • 一人暮らしや寮生活が不安で…

このような不安を払拭させるためには、受験生に入学したいと思ってもらうためのコンテンツを追加することが必要になるでしょう。

コンテンツの具体例

受験生を優先としたサイト設計にする

受験生を優先としたサイト設計にする

参照:駒澤大学(https://www.komazawa-u.ac.jp/

 

「本学サイト」と「受験生サイト」では、サイトの構成を変更することをお勧めしています。

「受験生サイト」の主なターゲットは、受験生とその保護者が大半となります。そのため、見た目やコンテンツの内容を受験生に特化したものにする必要があります。

例えば、各学部紹介は「本業サイト」にも記載はあると思いますが、「受験生サイト」では受験生にでも分かるように、表現を嚙み砕いたり、どんなことが学べてどんな風になれるのか、ということをデザインに反映させて掲載することでより読み手に伝わりやすくなります。

また、受験生のサイト閲覧はほとんどがスマートフォンです。可読性や操作性を強く意識したり、「受験生」に特化したWebサイト設計が必要です。

 

学生の1日の過ごし方を伝える

学生の1日の過ごし方を伝える

参照:日本大学(https://www.nihon-u.ac.jp/

 

在学期間中の学校生活をイメージしてもらうために、ある学生に密着して通学から授業風景、授業後の様子などを1日のスケジュールと共に紹介します。

専門学校や専門性のある学部は、どのような実習や学ぶ環境があるのかが分かるようにこのコンテンツに重みをもたせた方が、「受験生」にとってイメージを湧かせやすくなります。

 

資格取得・就職支援サポートの様子を伝える

資格取得・就職支援サポートの様子を伝える

参照:立命館大学(http://www.ritsumei.ac.jp/

 

学生や保護者が将来のキャリアに対する不安を和らげるために、先輩がどのような企業に就職したのかを掲載する就職情報をはじめ、取得できる資格・免許の実績、大学のサポート体制を伝えます。

実際に在校生が取得した資格が記載されていたり、就職先が掲載されていると、自分もここで学べば、資格取得できたり、ここへ就職できるんだ。と志願をしてもらえる候補になります。

学業だけでなく、クラブ活動・サークル活動からも楽しさや活動の雰囲気が伝わるよう、写真や説明を追加し活動内容を伝えて内容を充実させます。

例えば、活動内容や部員数、活動場所、活動日、時間など詳細に書いてあるとさらにイメージしやすくなります。また、盛んな部活動の場合だと最新のお知らせを更新できるようにシステムを組まれている大学もあります。

クラブ活動・サークル

クラブ活動・サークル

参照:創価大学(https://www.soka.ac.jp/

 

 

クラブ活動・サークル

参照:東海学園大学(https://www.tokaigakuen-u.ac.jp/

 

 

 

5.専門性の学校や学部は1〜2年生から認知を広げるアプローチ

そもそも学校自体が学生に認知されていなければ、進学における学校選びの段階で選択肢から漏れてしまう可能性があります。

真剣に進路選択をする前の段階である高校1〜2年生に職業の魅力や認知を広げて学校選びの機会に選択肢の1つとして考えてもらえる流れを作りましょう。

認知を広げるためここでは、ホームページではなくランディングページを作成してWeb広告と共にターゲットへアプローチする方法をご紹介します。

認知を広げて将来の受験者数を増やす

認知を広げて将来の受験者数を増やす

(例)歯科衛生士の志願者数を増やしたい場合にはどんなランディングページが良いでしょうか?

実際に行動(資料請求)をしてもらうためには、興味付けから行動喚起までの一連のシナリオを組み立てて、「誰に」「何を」「どう伝えるか」というようなキャッチやコンテンツを洗い出してみましょう。

シナリオ(LP流入から資料請求までの流れ)

シナリオ(LP流入から資料請求までの流れ)

まとめ

せっかくホームページを改修しても、肝心の学校の魅力を伝えられなければ読み手の抱える悩みや問題を解決することはできません。

まず「誰に」「何を」「どのように伝えるか」というホームページを改修する目的を明確にし、読み手が学校について「もっと知りたい」「資料請求してみよう」「オープンキャンパス参加してみようかな」と行動を起こしてもらうことが大切です。

学校によって様々な特徴や実績があり、その中でどんなコンテンツを発信すると良いのかを考えていくことは、時間も労力もかかりますが学校にとっても読み手にとっても非常に意味のあるホームページ改修になるでしょう。

アクシスでは、様々な業種でホームページ制作をはじめ、改修やランディングページ制作を行っています。

ご検討されている方はぜひお気軽にご相談ください。

 

オンラインセミナーを開催しています!

アクシスでは、定期的にセミナーを企画し役立つ情報を発信しています!

参加無料なので、ぜひお気軽にご参加ください。

>>セミナーの情報はこちらをチェック