キャッチ アクシス採用インタビュー

鈴木 潤平SUZUKI JUNPEI

インターネット事業部
制作部
2016年入社

プロフィール

1987年生まれ、新潟県出身。
高校卒業後、東京都内のシステムエンジニアを派遣する企業に就職し、サーバー保守・管理業務に就く。
部署内デザイン担当を兼任しながら独学でWebデザインを学び、入社10年目にフリーランスのWebデザイナーとして独立。
拠点を地方に移そうと、全国の移住体験ツアーを点々と参加する中で岐阜県のツアーに参加した際に臼井社長に出会い、2016年、アクシスに入社。

アクシスでの一日

08:30出社

早めに出社。朝は趣味サイトを
眺めながらゆっくりネタさがし。

09:15朝のミーティング

今日のタスクをメンバーで共有。
忙しい人はお互いにサポート。

10:00デザイン検討

ページデザインを検討。

11:30昼食

お昼休憩は早め。
今日はお弁当持参。

13:30内部打ち合わせ

コンサル担当と案件について
打ち合わせ。

16:00デザイン作成

話した内容は忘れないうちに形に。

19:30退社

キリの良いところまで出来たら今日の仕事は終了。
基本的に自分のペースで。

インタビュー

どんな仕事をしてるんですか?

ホームページ制作の全般を担当しています。
クライアントとのヒアリングからコンセプト設計、デザイン作成、コーディング、システムの組み込みまで、一連の作業を行っています。
特に最近は他メンバーの協力のおかげで、デザインの作成に集中させてもらっています。

AXISを選んだ経緯・理由を教えてください

東京でフリーランスとして働いていた頃、都内での生活にさほど執着がなかったので、地域の暮らしや仕事を体験できる地方移住体験ツアーにいくつか参加していました。
最初はフリーランスを続けるつもりだったので、就職先までは探さず純粋に移住先を探すために参加していましたが、岐阜県の移住体験ツアーに参加したときに、講演者として登壇していた臼井社長に出会いました。
その場で話しているうちに一緒に仕事をしないかとお誘いを貰い、フリーのWebデザイナーとしていくつか仕事を請け負いました。その仕事を気に入ってもらえて、アクシスの制作部として入社しないかとお誘いをもらい、入社・引っ越しすることを決めました。

あなたにとって、この会社の魅力は?

自分にとって、単純に仕事内容が面白いというのがアクシスに居る何よりの理由です。
今までは大企業の事業部サイトを作ることがほとんどで、内部の人が事務的に利用するためだけの堅苦しいものでした。
フリーランスになってからは個人経営のショップサイトなど、デザインの凝ったものを作ることができましたが、
反面入ってくる仕事の数は少なく、業種範囲も限られたものでした。

クライアントの熱意に全力で応える

アクシスに来るクライアントの業種はさまざまで、それぞれに適したデザインを提案する必要があります。
クライアント企業の強み・特性はどんなものか、商品・サービスはどんなものを扱うのか、
お客様のターゲット層はどんな人か、などその都度勉強する必要があり、大変な面もあります。
反面、お客様と話したりするなかで、自然とその企業や商品に興味を持つようになり、愛着が湧いてくるようになります。
何よりクライアント自身に熱意があるので、こちらも全力で応えねばというやる気が起きます。
普段生活していて直接関わることのない人・ものに関われるのは、この会社ならではの楽しいところであり、大きな魅力だと思います。

お問い合わせ