CPA

CPA(Cost Per Acquisition)とは?

CPAは、1コンバージョンを獲得するためには、いくらお金がかかったかを示す指標です。

日本においては、円が単位となることが多いです。

 

CPAが分かると、どの広告がより安く、効率的にコンバージョンを生み出しているか分かります。

WEBマーケティングでは、広告の費用対効果を測る指標として重要で、よく出てきます。

計算式

CPAは、「CPA(円)=広告掲載費用 ÷ コンバージョンCV)数」で計算できます。

 

例えば、1,000円のシャンプーを通販で販売して、1,000個売れたとします。

この時、宣伝のために、WEB広告で50万円使いました。

それでは、CPAはいくらになるでしょうか。

 

答えは、50万円(広告掲載費用)÷ 1,000個(コンバージョン)=500円となります。

すなわち、1個のシャンプーが売るために500円がかかったと言えます。

 

使い方

上司「こないだ掲載したAとBのWEB広告なんだけど、どれが一番良かったか分かる?」

私「はい! CPAを見てみると、広告AのCPAは300円、広告BのCPAは600円でした。よって広告Aのほうが、安くお客様を獲得できているので、よい広告だと言えます。」

練習問題

今月10万円分のリスティング広告を出稿したところ、100件のコンバージョンがありました。CPAはいくらでしょう?
答え:1,000円
解説
CPA=広告掲載費用÷コンバージョン数なので、100,000(円)÷100(件)=1,000円