SWOT分析

  • 意味 SWOT分析とは、強み、弱み、機会、脅威の4つの項目から現状分析をするためのフレームワークのこと
  • 読み方 スウォットブンセキ
  • 別名 SWOT Analysis

SWOT分析とは?

SWOT分析とは、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の頭文字から名付けらた分析手法のフレームワークです。

下記の項目を分析することで「強み」と「弱み」の内部要因、「機会」と「脅威」の外部要因を把握し、現状分析や課題の発見、事業計画の立案などに役立てられます。

・強み(Strength) 実績や技術の高さなどの自社の強みとなる内部要因
・弱み(Weakness) 競合よりも劣っている自社の弱みとなる内部要因
・機会(Opportunity) 市場のトレンドなどの好影響を与える外部要因
・脅威(Threat) 経済状況の悪化など悪影響を与える外部要因

使い方

上司「事業戦略を見直そうと思っているんだけど、何から始めたらいいんだろう?」

私「ではまずSWOT分析で自社の強みや弱み、市場のトレンドや経済状況などの現状把握をするところからはじめましょう。そしてその分析結果を基に課題を明確にし、戦略を見直しましょう。」