まずはこれだけ知っておきたい!Webマーケティング用語まとめ

「まずはこれだけ知っておきたい!Webマーケティング用語まとめ」のアイキャッチ画像

Webマーケティングの仕事に関わると、最初にぶつかる壁が「専門用語」。

みずきみずき

調べようと思っても、横文字と英語ばっかりで、全然何のことか分からない…

なんて思っている方も多いかもしれません。

 

実際、Web業界は専門用語が多い上、略語もとても多いです。

知っていないと、間違った認識で伝わってしまうことも。。。

 

そこでこの記事では、Web担当者なら知っておきたいWebマーケティングの基本用語をご紹介します。

まずは一通り目を通して、意味を何となくでも掴んでみてくださいね!

 

この機会に、よく出てくるWebマーケティングの基本用語を押さえておきましょう!
カズさんカズさん

Webマーケティングで頻出の基本用語

コーポレートサイト

コーポレートとは?

コーポレートサイトとは、Webサイトのうち、会社の事業やサービス、採用、IR情報などを掲載するサイトを指します。

 

コーポレートサイトは、会社の顔です。

見た目が古っぽかったり、情報が更新されていないと、会社の信用や採用にも影響を与えることもあります。

ある程度の事業規模になってきたら、制作会社などに依頼して、見た目と機能性を兼ね備えるものを用意することがおすすめです。

LP(ランディングページ)

LPのイメージ

LPランディングページ)とは、特定の目的のためにつくられたWebページです。

一般的に、1枚の縦長のWebページを指すことが多いようです。

 

LPの目的として主なものは、以下のようになります。

  • 商品サービスの販売・申し込みを増やす
  • 資料請求や問合せを増やす
  • セミナーへの集客を増やす

 

LPは、特定のお客様をターゲットにして作られます。

そのため同じ商品でも、お客様のパターンによって何種類もつくることもあります。

自然検索(オーガニック)

自然検索(オーガニック)とは、Google、Yahoo!、Bingといった検索エンジンの検索結果からのアクセスを指します。

 

自然検索は、広告と違って検索エンジンが勝手に表示しているため、いくらクリックされても費用は発生しません。

そのため、この自然検索(オーガニック)が多ければ多いほど、サイトの価値が高いと言えます。

みずきみずき
広告費0円でお客様が来てくれるなんて、すごいですよね!

SEO

google-search

SEOSearch Engine Optimization)は、先ほどの自然検索を増やすための施策全般を指します。

 

自然検索はお金がかからず大量のアクセスを集められるため、とても価値が高いです。

一方で、適当にコンテンツをつくっても、検索結果で上位に表示させることはほぼ不可能です。

そこでSEO対策と呼ばれる手法で、検索エンジンに評価されやすいコンテンツをつくっていきます。

 

かつては、価値が高いリンクを買ってサイトにリンクしたり、大量のキーワードをサイトに埋め込む、といった手法がよく使われていました。

しかし、現在はそういった手法はGoogleが禁止しており、万が一すると、ペナルティの対象となります。

ペナルティにかかると、逆に検索結果が悪くなってしまうので、絶対に避けてください。

今でも有料リンクを販売している業者が稀にあるので、そういった業者の話は信じないようにしてくださいね。
カズさんカズさん

リスティング広告

リスティング広告とは、クリックに対して課金されるWeb広告です。

リスティング広告は、大きく3種類の広告パターンがあります。

  1. 検索連動型広告
  2. ディスプレイ広告
  3. 動画広告

 

検索連動型広告は、GoogleやYahoo!の検索結果の上下に表示される広告枠。

ディスプレイ広告は、Webサイトに表示される画像やテキストの広告枠を指します。

 

リスティング広告の特徴は、基本的に表示されただけでは費用は発生せず、クリックされた数だけ費用が発生します。

よって無駄な費用が発生しづらく、費用対効果が高いWeb広告だと言えます。

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス(GA)は、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。

 

Webサイトにコードを埋め込むことで、アクセスしたユーザーの特徴、集客経路、行動などが匿名化された状態で見れます。

このアクセスデータを分析することで、どういった集客施策をするか、実施した施策の効果測定などができます。

 

Webマーケティングでは必須ツールなので、まだ導入していないなら、ぜひ導入の検討してください。

Googleアナリティクスは無料で高機能です。ぜひ使いこなせるようになってくださいね!
カズさんカズさん

Webマーケティングでよく見る指標

みずきみずき
なんで指標って大事なんですか…?
Webでは、結果が数字で見られるのが大きな特徴です。その数値を見る時に指標が必要なんですよ。どれもとても重要なので、大変ですが頑張って覚えましょう!
カズさんカズさん

PV(ページビュー)

ページビュー

PV(ページビュー)は、Webページが読み込まれた数です。

ただ分かりづらいので、「Webサイト内で読まれたWebページ数」と考えていいでしょう。

 

もしあなたが、欲しかったカバンをオンラインショップで買うとします。

最初にショップページにたどり着き、カバンの一覧ページ、欲しいカバンの詳細ページを見た時、PVは3となります。

 

PVはあくまでWebページが読み込まれた回数なので、同じページを2回見たら2PVになります。

会計用語のプレゼントバリューもPVも略します。経営や会計している方と話す際は、意味を間違えないようにしてくださいね!
カズさんカズさん

セッション数

セッション

このセッション数という概念は、独特の概念があり、厳密に言うとかなり複雑になってしまいます。

とりあえずは、「ユーザーがサイトに訪問し滞在した数」と思ってもらえれば良いでしょう。

 

先ほどのオンラインショップの例で考えてみましょう。

あなたは6月1日にオンラインショップを見に行きましたが、商品は買いに行きませんでした。

しかし、その3日後に「やっぱり欲しい」と思って、再びサイトを訪れたとします。

この場合、2回サイトに滞在しているので、2セッションとなります。

正確な定義を知りたい方は、「セッション数」をご覧くださいね。
カズさんカズさん

インプレッション(imp)

インプレッション(impression)は、広告などが表示された回数のことです。

広告が1回表示される度に、1インプレッションとなります。

インプレッションがなくては、そもそもクリックもされません。

インプレッションが少ない場合には、広告の出し方を変えてみるのも1つの手です。

CTR(クリック率)

CTRとは、広告やWebページなどのクリック率のことです。

クリック率は、クリック率 ÷ 表示された回数(インプレッション)で計算されます。

 

例えば、100回広告が表示され、うち10回クリックされた場合。

10(クリック)÷ 100(インプレッション)=10%(CTR)となります。

 

一般的にクリック率は高いほどがよいとされています。

クリック率が低い時は、何らかの対策をしたほうがよいですね。

CPC(クリック単価)

CPCとは、1クリックあたりにかかった広告費用を指します。

特にリスティング広告は、クリックされるたびに広告費用が発生します。

その費用をCPC(クリック単価)と呼んでいます。

 

例えば、10クリック獲得するのに、広告費が1,000円かかった場合。

1,000(円)÷ 10(クリック)= 100円(CPC)となります。

 

CPCは、媒体や広告の質、運用スキルなどで大きく変わってきます。

あまりにCPCが高いと、広告予算を早く使ってしまいます。

CPCを下げつつ、結果を増やすのが代理店の腕の見せどころとも言えますね。

CV(コンバージョン)

CVコンバージョン)とは、ユーザーが目的の行動を取ったことを指します。

Web業界では、以下の目標を指す事が多いです。

  • 商品サービスの販売
  • 資料請求
  • 申込み

をCVとすることが多いです。

 

このCVを達成した数をCV数(シーブイスウ)と呼んでいます。

Web業界では、CVは非常によく出てくるので覚えておいてくださいね!

CVR(コンバージョン率)

CVR(コンバージョン率)とは、サイトの訪問者数のうちコンバージョン(CV)をした割合のことです。

コンバージョン(CV)数 ÷ サイトの訪問者数 で求めることができます。

 

例えば、100PVのページで、2件コンバージョンが発生した場合。

2(CV)÷ 100(PV)= 2%(CVR)となりますね。

 

CVRは、成果が出ているかを確かめる重要な指標です。

CVRを倍にすると、結果も倍になります。

その意味で、CVRを改善することはよい施策になることが多いです。

CVRをいかに改善するかがWeb担当者の腕の見せどころでもありますね!
カズさんカズさん

CPA(コンバージョン単価)

CPAは、1コンバージョンあたりにいくら広告費用がかかったかを表す指標です。

かかった広告費用 ÷ コンバージョン(CV)数で求められます。

 

例えば、2件コンバージョンを取るために、広告費用を1万円使った場合。

10,000(円)÷ 2(CV)= 5,000円(CPA)となりますね。

 

CPAは、CVRとともに重要な指標です。

どの集客方法を伸ばし、また改善してくかの手がかりとなります。

今後Web集客を進めていく上では、ぜひ気にするようにしてみてくださいね。

まとめ

この記事では、Webマーケティングを進めていく中で出てくる専門用語を解説しました。

今回紹介したのは、ごく一部の語句のみで、他にも数多くあります。

最初は大変だと思いますが、ぜひ業務の中で少しずつ覚えていってくださいね。

 

メモ

Marketing Questでは、Webマーケティング用語辞典を用意しています。

もし分からない語句があれば、ぜひ辞書で探してみてくださいね!