個人経営の飲食店・小売店がリスティング広告を使って集客するとよい理由と効果計測の方法

「個人経営の飲食店・小売店がリスティング広告を使って集客するとよい理由と効果計測の方法」のアイキャッチ画像

個人経営のビジネスをされている方にとって「集客」は悩みの1つかもしれません。

「もっと効率よくお客様を呼び込めたらいいのに…」

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめなのが、検索結果やWebサイトにバナーを載せられる「リスティング広告」

実は、お店を紹介するウェブサイトさえあれば、個人経営の飲食店や小売店でもリスティング広告を配信することができます。

しかも、テレビや折り込みチラシに比べて、かなり少額の広告費でお店に興味を持つ人を増やせます。

 

そこで今回は、個人経営の飲食店や小売店の方向けに、リスティング広告を活用して来店を増やす方法と効果測定について紹介します。

ご自分でお店をお持ちの方、ビジネスをされている方は、ぜひご一読ください。

 

個人経営の店舗集客にリスティング広告を活用すべき理由

少額の広告費から始められる

リスティング広告は、広告がクリックされたタイミングで広告費が発生します

折り込みチラシのようにあらかじめ決められた広告費を払って宣伝を行うのではありません。

お客さんが広告を見た分だけ広告費を払えばよいため、無駄が少ない広告なのです。

 

さらに広告費も比較的少額から始められます。

オークションで広告費が決まるので場合にもよりますが、極端な話、1クリック10円からでも出稿可能なんです。

 

まずは低い金額から始めてみて、お客様が広告経由でサイトを見た分だけ広告費を払えばOK。

「広告の成果が出ることが分かれば、予算を増そう」といった柔軟な予算組みもできますね。

 狙ったターゲットに配信できる(年齢、性別、地域)

店舗に訪れてほしいターゲット層が決まっている場合は、デモグラフィック設定を使って狙った層のみに広告を配信できます

 

例えば、あなたが岐阜市でおしゃれな雑貨屋を営んでいるとします。

もし岐阜市内にいる20代女性に多く来店してほしい場合は、ターゲットを以下のように設定できます。

  • 岐阜市
  • 20代
  • 女性

お店の売上げデータから、客単価の高い層やリピート率の高い層があらかじめ分かっているならば、その層をターゲティングすることで費用対効果を高められます。

 

また普段お店に来ないような層を狙って、キャンペーンを行うのも手です。

例えば、女性客が少ないラーメン屋さんの場合、リスティング広告で女性向けキャンペーンを宣伝して客層を広げるのもよいですね。

営業時間によって配信を調整できる

広告スケジュール設定を行えば、営業時間など時間を区切って広告を表示できます

9AM-2:30PM、5PM-10PMというようにランチ、ディナーで営業が分かれている場合でも、広告の配信時間を細かく設定可能です。

 

また、時間だけではなく曜日も設定できます。

水曜が定休日であれば、水曜日は広告を停止して広告費を抑えるのもよいでしょう。

 

さらに、時間によって入札単価の調整を行えます。

お昼時はいつも混んでいて広告による来店を減らしたい場合は、12PM-2PMまでの入札単価を50%下げるような調整も可能です。

 

リスティング広告を細かく設定すれば、無駄な広告費を抑え、効率よく集客することもできるのです。

お店のキャンペーンをすぐに宣伝できる

広告文を少し修正すれば、お店で実施するキャンペーンやイベントをすぐにアピールできます

例えば、カフェでコーヒーの試飲会を宣伝する際、折り込みチラシを使うと、何週間も前から準備が必要です。

 

また規模の小さいイベントに対して、折り込みチラシを使うと、多くの人の目に届きますが、費用対効果が悪くなりそうです。

それならば、リスティング広告を使って、近くでカフェを検索している人に対して、「〇〇豆の試飲会を開催予定」と書かれた広告文を配信すれば、効率よくイベントを宣伝できます。

 

小さなお店のイベントであれば、リスティング広告のような小回りの効く手法がよいかもしれません。

リスティング広告の効果計測について

店舗集客にリスティング広告を使う上で一番気になるのは、「広告がどれだけ来店に繋がっているか?」を計る評価方法です。

残念ながら、リスティング広告には広告をクリックした人が実際に来店したかを計測する仕組みはありません。

メモ

ジオターゲティング広告など位置情報を使った一部のサービスでは、来店を計測することができます。

ただ最低出稿金額が高く、小規模の飲食店・小売店が利用するには敷居が高いと感じます。

 

とはいえ、広告によってお店がどれだけ認知されたか、どのくらいのユーザーが興味を持ったかは、指標を組みわせることである程度推定できます。

リスティング広告の効果を測定する上で、見ておきたい指標をご紹介します。

問合せの数

電話・ネット予約を受け付けている店舗であれば、

  • スマートフォンにおける電話番号のタップ
  • ネット予約完了の回数

を計測できます。

 

広告をクリックした人のうち、どれだけの人が予約したかを分析することで、広告の良し悪しを判断し、その改善策を考えます。

問合せの数を元に、広告を配信するキーワード、狙うターゲット層の見直しをすると費用対効果を高められます。

マップ表示などのアクション

飲食店や小売店に訪れるお客様は、来店前に予約しないことも少なくありません。

その場合は、ネット予約数だけでは、広告の効果を知るのは難しくなります。

 

その場合は、Webサイトにあるアクセスマップのあるページを開いた数などを見るの手です。

あなたもお店に行く際は、Webサイト上のマップを開いて場所を確認したことがあるはず。

「マップを開く」アクションを計測することで、広告からWebサイトに来た人のうち、どれだけの人がお店に興味を持ってくれたかを測れます。

 

また、LINE公式アカウントを運営しているならば、「友達追加」ボタンをWebサイト上に設置し、ボタンが押された回数を計測するのもよいでしょう。

もしGoogleアナリティクスなどサイト解析ツールを利用しているなら、リスティング広告からWebサイトを訪れたユーザーと、広告以外で訪れたユーザーを比較し、それぞれのユーザーが地図ページを見たかで広告運用の評価を行えるでしょう。

来店時に合言葉を言ってもらう

とはいえ、分析するのが難しい場合は、シンプルに「お客様に合言葉を言ってもらう」のもよいでしょう。

 

例えば、ご来店の際に「○○○」と言っていただければ5%オフ!といったキャンペーンをつくります。

そしてウェブサイトで紹介して、リスティング広告からどれだけ来店したかを推計します。

 

広告を見た人全員が合言葉を言うわけではない点は注意が必要ですが、最低○○人は広告から来店したと考えられるはずです。

まとめ

この記事では、個人経営の飲食店・小売店がリスティング広告を使って集客するとよい理由と効果計測の方法について紹介しました。

 

個人経営の小さいお店でも、リスティング広告をうまく活用すれば、より多くの来店を呼び込むことが可能です。

リスティング広告は低額から始められることに加え、設定次第で狙ったターゲットに直接広告配信でき、費用対効果が高くなる可能性が高いです。

 

もちろんフリーペーパーなどで新規のお客様にアプローチする方法も良いのです。

ただ客層が明確なお店は、リスティング広告で狙い撃ちすると効率よくお客様を集められるかもしれません。

 

この記事を読んでリスティング広告について興味をお持ちの方は、この機会にぜひ調べてみてくださいね。