リスティング広告で効果が出るまでの期間は〇ヶ月|効果がないパターン、効果を出すポイントもご紹介

リスティング広告は、Webマーケティングで成果を出すための広告の一つとして、中心的な役割を果たしています。

しかし、「リスティング広告はどれくらいの期間で効果が出るのか?」「リスティング広告を使って実際に成果を上げることは可能なのか?」といった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

特に、リスティング広告を始めたばかりの企業や、これまでの成果に満足できていない広告主にとって、切実な問題です。市場は日々変化し、消費者の検索行動も進化しているため、広告戦略もそれに適応しなければなりません。

そこで本記事では、リスティング広告が成果を生むまでに要する時間と、その成果を最大化するための具体的な戦略を深堀りしていきます。
リスティング広告でお困りの方、効果を最大限に引き出したいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

また、「リスティング広告の効果」については以下の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

 

 

目次

リスティング広告で効果が出るまでの期間は?

リスティング広告の成果が表れるまでの期間は、多くの新規広告主にとって気になるところでしょう。ここでは、リスティング広告が成果を生むまでの一般的な期間を解説します。

【結論】平均3ヶ月〜6ヶ月

リスティング広告において成果が見えるまでの期間は、業界研究や広告のベストプラクティスに基づいて「3ヶ月〜6ヶ月」と一般的に言われています。

この期間は、広告キャンペーンの初期段階でのデータ収集と最適化の段階とされています。

フェーズ1|広告やキーワードの反応を把握する

初めの1〜2ヶ月は、主にターゲットオーディエンスの行動や反応を理解し、どのキーワードが効果的であるかを把握する期間となります。この時点では、広告のクリック率(CTR)やコンバージョン率などの基本的な指標を測定し、最初の改善点を特定します。

フェーズ2|収集されたデータをもとに広告の改善を行う

次の1〜2ヶ月間は、収集したデータに基づいて広告の改善を行うフェーズです。
これには、キーワードの調整、広告コピーの最適化、ランディングページの改善などが含まれます。この時期には初期の調整が行われ、キャンペーンの効率が徐々に高まります。

フェーズ3|広告の費用対効果を最大化させる

最後の1〜2ヶ月は、これまでの改善を踏まえ、さらに洗練させる時期です。
ここでは、細かい調整を加え、広告のROIを最大化します。この時点で初めて、リスティング広告の真の成果が見え始めることが多いです。

 

ただし、これがすべてのケースに当てはまるわけではありません。
実際には、広告を配信しただけで即時に成果が現れる場合もあれば、得られたデータの分析と改善を繰り返すことで初めて成果が見えることもあります。

データの収集、分析、および改善策の実施を考慮すると、成果が出るまでに最低3〜6ヶ月は見込むのが妥当です。

>リスティング広告運用代行《無料相談》

予算やクリック単価によって期間は変わる

予算の規模やクリック単価は、リスティング広告の成果が出るまでの期間に大きな影響を与えます。

例えば、大きな予算を持つ場合、短期間で多くのデータを収集し、早期に最適化サイクルに入ることが可能です。

一方、予算が限られている場合やクリック単価が高い場合は、同じ量のデータを収集するのにより長い時間が必要となり、結果として成果が現れるまでの期間が延びることがあります。

リスティング広告の成果を早く実感するには、データの分析と改善のサイクルを迅速に進めることが重要です。効率的なデータ収集と迅速な分析・改善が、成果を早期に得るための鍵となります。

予算が少なく、クリック単価が高い場合、予算が速やかに消費され、分析・改善のサイクルを回すための十分なデータが得られない可能性があります。

リスティング広告の効果を速く得るためには、分析・改善プロセスを迅速に進めることが重要です。

商品・サービスによってはすぐに効果が出ることもある

商品やサービスの種類によって、リスティング広告の効果が即座に現れることもあります。
特に次のような条件を満たしている場合、広告の効果が早期に実感されやすいです。

  1. 競合他社との明確な差別化
    自社の商品やサービスが他社と比べて顕著な利点や独自性を持っている場合、ユーザーはその特徴に惹かれやすく、クリックやコンバージョンにつながりやすいです。
    例えば、独自の技術、特許製品、特別な価格オファーなどが該当します。

  2. 即決購入を促す商品やサービス
    緊急性や即時性が高い商品やサービス、例えば限定品、フラッシュセール、即時解決を必要とする問題に対するサービスなどは、ユーザーが直ちに行動を起こす可能性が高いです。

  3. シーズン性の高い商品やサービス
    特定の季節やイベントに関連する商品やサービスは、その時期に特に需要が高まります。例えば、夏のビーチ用品、冬のヒーター、年末年始のギフト商品などがこれに該当します。

これらの条件下では、リスティング広告は初期段階から高い関心を集め、早い段階で成果を示す傾向があります。

広告のメッセージやランディングページがターゲットオーディエンスのニーズに適切にマッチしている場合、クリック率やコンバージョン率が上昇し、投資対効果(ROI)も高まる可能性があります。

重要なのは、広告キャンペーンが市場の需要とタイミングに合わせて適切に設計されていることです。これにより、リスティング広告の効果を最大化し、早期に成果を得ることが可能になります。

リスティング広告で成果が出ないパターン

リスティング広告において成果が出ない主な原因には、次の3つのパターンがあります。

商材・サービスのニーズが顕在化していない場合

顧客のニーズが明確でない、または市場での需要が低い商材やサービスでは、リスティング広告の成果を得るのが難しいです。

検索ボリュームが限られているため、十分な表示回数やクリック数を確保することができず、結果的にコンバージョン(CV)を得る機会も減少します。このような状況では、市場調査や顧客のニーズを深く理解することが重要です。

予算が少ない場合

適切な予算を設定しないと、リスティング広告の成果を得るのが困難です。予算が限られていると、必要なクリック数やコンバージョン数を集めるのに時間がかかり、効果的なデータ分析や最適化が行えなくなります。

適切な予算設定は、リスティング広告の成果に直結するため、予算の見直しや専門家のアドバイスを受けることが推奨されます。無料相談を活用して、予算設定に関する最適なアドバイスを受けることも一つの方法です。

ランディングページ(LP)やサイトに問題がある場合

リスティング広告で集客しても、ランディングページやサイトに問題があると、訪問者を顧客に変換することは難しくなります。

ランディングページがユーザーのニーズと合致していない、デザインが魅力的でない、ナビゲーションが複雑であるなどの問題があると、ユーザーの離脱率が高くなります。そのため、ランディングページやサイトの分析と改善を行うことが、広告の効果を最大化する鍵です。

ユーザビリティの向上、コンテンツの最適化、クリアなコール・トゥ・アクションの設置などにより、訪問者のエンゲージメントを高め、最終的なコンバージョンに繋げることが可能です。


これらの要因により、リスティング広告の成果が出ない場合があります。それぞれの要因を理解し、適切な改善策を講じることで、広告キャンペーンの成果を最大化することができます。

>リスティング広告運用代行《無料相談》

リスティング広告で成果を出すポイント

リスティング広告で成果を得るための重要ポイントを、以下の3つに分けて詳しく解説します。

正しい広告の設定・運用を行う

リスティング広告の効果を最大化するためには、正確な設定と継続的な運用が不可欠です。具体的には、広告文にターゲットとするキーワードを適切に含め、ランディングページをユーザーニーズに合わせて最適化し、コンバージョンを生み出す可能性の高いキーワードを中心に広告を配信することが重要です。

広告の内容が検索者の意図に一致し、関連性が高いほど、クリック率は上がります。
また、ランディングページは読み込み速度が速く、明確な情報提供と導線が設計されている必要があります。

広告担当者を確保する

リスティング広告は、単に配信するだけでは十分な成果を得ることができません。
設定や運用には専門知識が必要であり、適切な担当者がいなければ、広告のポテンシャルを最大限に引き出すことは難しいです。

そのため、広告担当者を確保し、リスティング広告のPDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)を効率的に回す体制を整えることが大切です。

リスティング広告だけに依存しない

リスティング広告だけではWeb集客を最大化することはできません。
他のデジタルマーケティング手法や分析ツールと組み合わせることで、全体的なオンラインプレゼンスを強化し、より大きな成果を達成することができます。

たとえば、3C分析(Company, Customers, Competitors)を行い、自社の強みを広告の訴求ポイントに反映させる、ランディングページやフォームの最適化を行う、顧客のフィードバックを収集して広告に活用するなどが有効です。


これらのポイントに注意を払いながらリスティング広告を運用することで、より効果的なWeb集客を実現し、目標達成に寄与することができます。 

まとめ

一般的に、リスティング広告の成果が現れるまでには「3ヶ月から6ヶ月程度」と言われています。しかし、商品やサービスの種類によってはすぐに効果が出ることもあれば、予算やクリック単価によって効果が出るのが遅れる場合もあります。

リスティング広告で成果を上げるために意識すべきポイントは、以下の3つです。

  1. 正しい広告の設定と運用を行う
  2. 広告担当者を確保する
  3. リスティング広告だけに依存しない

これらのポイントを踏まえ、リスティング広告を効果的に活用しましょう。

 

また、アクシスでは「リスティング広告運用代行」サービスをご提供しています。

「他の代理店で運用しているが成果が出ない」「リスティング広告の配信を検討している」といった方はぜひご覧ください。

>リスティング広告運用代行《無料相談》