Googleタグマネージャーを使った一歩進んだアクセス解析

「Googleタグマネージャーを使った一歩進んだアクセス解析」のアイキャッチ画像

「Googleタグマネージャーを導入できているが活用できていない。」

「聞いた事はあるが、まだ導入できていない」

このような企業も多いのではないでしょうか?

 

弊社で開催しているセミナーの参加者に向けたアンケート調査によると、約8割ほどの企業が「導入しているが活用できていない」「まだ導入していない」という結果でした。

Googleタグマネージャーを活用して計測できる範囲が広がれば、これまで見えてこなかったユーザーのニーズも見つかり、集客や売上に貢献できるかもしれません。

この記事では、Googleタグマネージャーの基本やメリットから、Googleアナリティクスと組み合わせて、イベントを計測し可視化する方法についてご紹介します。

 

Googleタグマネージャーとは?

Googleタグマネージャーとは、サイトやアプリに埋め込むことで活用することができるタグを一元管理することができるツールです。

タグとは、トラッキングコードや関連するコードの総称を言います。例えば、サイトの流入やコンテンツなどの数値分析をする際、Googleアナリティクスのトラッキングコードをサイト内に埋め込むことで見ることができます。

サイトとツールを繋ぐパイプのような役割を担うものをタグと呼びます。

 

Googleタグマネージャーとは、サイトやアプリに埋め込むことで活用することができるタグを一元管理することができるツールです。 タグとは、トラッキングコードや関連するコードの総称を言います。例えば、サイトの流入やコンテンツなどの数値分析をする際、Googleアナリティクスのトラッキングコードをサイト内に埋め込むことで見ることができます。 つまりタグとは、サイトとツールを繋ぐパイプのような役割を担うものです。

 

Googleタグマネージャーを導入するメリット

1.数多くのタグを導入しても管理が煩雑にならない

ツールを導入すればするほどサイトに埋め込むタグの数が多くなるため、どのコードがどのツールなのかが分かりにくなる恐れがあります。そのため、数が多くなれば煩雑になり、管理するのが大変になることを避けるため、事前にツールにタグを登録しておくことで、管理が非常に楽になります。

2.タグの設置を毎回依頼する手間が省ける

タグの設置にあたり、制作会社やシステム担当者への依頼や確認、テストなどで今すぐ設定したいのに、実装に期間がかかってしまうケースも。Googleタグマネージャーを使って、自社で設定できれば依頼をする手間やコストも省け、設定の確認やテストは自社ですぐに実施することができます。

3.マーケティング担当者が、比較的手軽にデータを取れる

今までサイトをより細かくデータを分析するためには、コードを書いたり、高度な設計をしなければなりませんでした。しかし、タグを設定することで簡単に欲しいデータをサイトから読み取ることができます。

Googleタグマネージャーの導入方法

Googleタグマネージャーの導入方法は以下の記事で解説しています。

▼導入がまだの方はぜひこちらをご覧ください!
【徹底解説】ホームページにタグを設置する2つの方法 – Marketing Quest

 

導入する上での注意点

導入の際は、必ず制作パートナーやシステム担当者など知識のある方に相談してください。

設定に失敗すると、これまで計測できていたデータが取れなくなってしまったり、二重で計測されてしまうなど、データの不具合が生じることがあります。

 

Googleタグマネージャーのアカウント構造

Googleタグマネージャーは「アカウント」「コンテナ」の大きく2つの層で構成されています。

アカウント

コンテナを管理するグループを指し、サイトによってアカウントをそれぞれ分けて所有することが一般的です。

コンテナ

Googleタグマネージャー特有の概念で実際に設定を行うサイトを表します。基本的には、1サイト(ドメイン)に1コンテナが使用されます。

Googleタグマネージャーは「アカウント」「コンテナ」の大きく2つの層で構成されています。

Googleタグマネージャーのアカウント構造

 

アカウントとコンテナの階層化された中に、大きく「タグ」「トリガー」「変数」の3つがあります。

タグ

データを送信するコードです。

GoogleアナリティクスやGoogle広告、Yahoo!広告などのタグがあります。

 

よく使用されるタグ

Googleタグマネージャーでは、主に以下のタグがよく使用されます。

タグの種類によって、取り扱うデータが異なるため目的に合わせて確認しましょう。

タグの種類 概要
Google アナリティクス:ユニバーサルアナリティクス Googleアナリティクスにページビューやイベントなどを送信するタグ
Google 広告のコンバージョン トラッキング Google広告に任意のコンバージョンを送信するタグ
Google 広告のリマーケティング Google広告でリマーケティングリストを作るためのタグ
カスタム HTML 他ツールのタグや自分で作成したコードを作動させるためのタグ

トリガー

タグが作動するタイミングを定めたものです。

例えば、ページビューがされたときに作動させるのか。ユーザーによってバナーがクリックされたときに作動させるのかをなど、データとして取りたいタイミングを設定することができます。

タグが作動するタイミングを定めたものです。 例えば、ページビューがされたときに作動させるのか。ユーザーによってバナーがクリックされたときに作動させるのかをなど、データとして取りたいタイミングを設定することができます。

 

参考までに「trigger(トリガー)」を直訳するとこのような意味合いがあります。

【意味・対訳】(銃の)引き金、(紛争などの)きっかけ、はずみ、誘因

引用:weblio 英和辞典・和英辞典( https://ejje.weblio.jp/content/trigger

 

よく使用されるトリガー

Googleタグマネージャーでは、主に以下のトリガーがよく使用されます。

ユーザーの行動とデータを取得したいタイミングを合わせて設定しましょう。

トリガーの種類 概要
ページビュー Googleタグマネージャーのコードが読み込まれたら発火するトリガー
クリック – リンクのみ Aタグの要素がクリックされた時に発火するトリガー
クリック – すべての要素 何かの要素がクリックされた時に発火するトリガー
スクロール距離 画面上で一定量スクロールがされた時に発火するトリガー
フォームの送信 フォームの送信が実行された時に発火するトリガー
カスタムイベント 任意のタイミングで発火させられるトリガー

 

変数

変動する値を管理する入れ物を表します。

トリガーで作動させるタイミングの条件を設定するときに用いる動的な値です。

変数とは、変動する値を管理する入れ物を表します。 トリガーで作動させるタイミングの条件を設定するときに用いる動的な値です。

変数には大きく2つのものがあります。

 

組み込み変数

もともとGoogleタグマネージャーに用意されている変数です。

 

ユーザー定義変数

ユーザー自身が定義した変数を設定することができます。

 

 

Googleタグマネージャーの基本動作

ここまで、Googleタグマネージャーの導入や基本的な構造を説明しました。

実際に、Googleタグマネージャーがどのような動きをするのかを分かりやすく図で見ていきます。

Googleタグマネージャーの動作イメージ

Googleタグマネージャーの動作イメージ

 

【Googleタグマネージャーの動作イメージ】

▼「トリガー」と「タグ」が書かれた指令書をタグマネくんに渡しておきます。

(Googleタグマネージャー側でトリガーとタグを設定)

 

指令書の内容

トリガー:「Topページが読み込まれた」ら、

タグ:「Googleアナリティクスにページビュー」を送信する

 

▼Topページで、ユーザーによる「ページビュー」が発生しました。

▼すると、タグマネくんは指令書に書かれた「Topページが読み込まれた」というトリガーに反応します。

▼タグマネくんは指令書に基づいて、「Googleアナリティクスにページビュー」の送信をする、という動作を行います。

このように指令書(設定)に基づいて、Googleタグマネージャーは自動で計測する動作をしてくれます。

 

Googleタグマネージャーの動作テスト

Googleタグマネージャーの動作テスト

Googleタグマネージャーでは本番環境に影響を与えることなく、テスト「プレビュー」を使うことができます。

設定したタグやトリガーが問題なく動作しているか、何が上手くいっていないのかを原因追求やデバックをする際に活用できます。

 

Googleタグマネージャーでできること

Googleタグマネージャーを活用することで、実施した施策の効果検証をすることができます。

いくつか、解析できることをご紹介していきます。

 

1|バナーのクリック数を計測する

サイトに掲載したバナーがどのくらいユーザーにクリックをしてもらえているかを知りたい場合に、Googleタグマネージャーを活用してGoogleアナリティクスで解析することができます。

バナーのクリック数を計測する

バナーがどれだけクリックされているか分かる

 

2|ページのスクロール率を計測する

ユーザーによってページがどのくらい読みこまれているか、そのスクロール率を知りたい場合にもタグ、トリガーを設定することで計測することができます。

例えば、ページ全体を100%としたときに何%まで読まれているか、離脱ポイントはどこなのかが可視化できます。

取得したデータはGoogleアナリティクスで見ることができます。

 

ページのスクロール率を計測する

合計イベント数は累積でカウントされます

 

▼ランディングページの改善にも応用することができます!

Googleタグマネージャー×Googleアナリティクスで縦長のLPを改善する方法 – Marketing Quest

 

まとめ

この記事では、Googleタグマネージャーについて解説してきました。

Googleタグマネージャーの基礎をご理解いただけたのではないでしょうか?

計測したい目的によって、トリガーや変数を自由に設定することができます。

非常に奥深いツールなので、ぜひこの機会にGoogleタグマネージャーを活用してみてください!

 

 

オンラインセミナーを開催しています!

アクシスでは、定期的にセミナーを企画し役立つ情報を発信しています!

参加無料なので、ぜひお気軽にご参加ください。

>>セミナーの情報はこちらをチェック