【学校向けの集客方法】Webを活用したプロモーション事例と集客のコツ

「【学校向けの集客方法】Webを活用したプロモーション事例と集客のコツ」のアイキャッチ画像

 

 

Webの施策や改善をしたけれど、結果的に「良かった」「悪かった」が漠然としており、次の施策や改善に結びつかなくなってしまっている。

そんなお悩みの学校の担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、

 

タイトルを編集

こんな方におすすめの内容です

  • サイトをリニューアルをしたけれど、見た目だけが変わり、何が良くなったかわからない
  • 広告運用をしているが、目標に繋がっているかわからない
  • 何となく良さそうだからチャットボットツールを導入した

 

このような問題の根本にある課題は大きく3つに切り分けられます。

  1. 行う施策がどの要素を改善させるのか
  2. 施策を行う前後で数値計測できているか
  3. 取り組むべき施策の優先順位は明確か

 

 

1.行う施策がどの要素を改善させるのか

例えば、胸筋を鍛えたいと思っている人は、腕立て伏せやダンベルを使って胸の部分に負荷をかけるトレーニングを行う必要があります。ランニングや山登りをしても鍛えることはできませんよね。

そのため改善させるためには、目的に合った最短距離の施策を行う必要があります。

目的に合った最短距離の施策を行うために、まずは最終ゴールを分解して考えてみましょう。

 

最終ゴールを因数分解する

最終ゴールを因数分解する

 

たとえば、とある大学が「志願者数」を増やしたい場合、「高校生の数」「進学率」「認知率」「選考率」の4つの項目に分解することができます。

高校生の数 =世の中の高校生の規模

 

進学率 =高校生の中で、大学、専門学校に進学したいと考えている人の規模

 

認知率 =大学に進学したいと考えていて、かつ○○大学のことを知っている人の規模

 

選考率 =他大学と比較して○○大学を選んでくれる割合

 

それぞれ分解された項目の中でWebは「認知率」「選考率」の改善に寄与することができると考えています。

 

認知を上げるための施策(一部)

認知を上げるための施策(一部)

 

認知率を高めるためにはユーザー(高校生)がWebのどこに存在しているかを調べる必要があります。

Instagram、Twitter、YouTube、進学サイトなどを活用して接触の起点となる媒体を増やしたり、リスティング広告やSNS広告、SEO対策で接触できるユーザーの数を増やし認知率を高めていきます。

 

認知率のプロモーション事例

認知率のプロモーション事例

 

認知率の施策を行ったあとは、どのように数字として変化したのかを見る必要があります。認知の段階では以下の4つの点を指標としてみると良いでしょう。

 

■指名ワード(大学名)の検索ボリューム

Google広告キーワードプランナー・aramakigale.jp 等

 

■自社HPアクセス数

Googleアナリティクス

 

■検索順位

Google Search Console

 

■SNSでのエゴサーチ

Twitter・Instagram

 

 

選考率を上げるためには(一部)

選考率を上げるためには(一部)

 

①学生のニーズ(知りたい、欲しい)を満たす情報や機能を用意

例えば、学生の様子・イベント情報の掲載・就職実績などが挙げられます。

 

②情報を整理し成約しやすく

学校のホームページは、学生のみならず保護者や在校生など多くの方が利用します。導線改善・カテゴリー分けの改善・チャットボットの設置などを実施し、ユーザーが欲しい情報にすぐたどり着けるように整理をしましょう。

 

③確度が高いユーザーにアプローチする

資料請求やオープンキャンパスの申し込みをしてもらい個人情報は取得したけれど、その後の学校側から発信やアプローチをしなければせっかく認知率を高めても漏れてしまいます。メルマガ・DM・追跡型広告・LINEを活用することで漏れなくアプローチすることが、選考の段階で重要となります。

 

選考率を見る際のWeb指標

Googleアナリティクスを活用して、サイトのコンバージョン率(資料請求やオープンキャンパス予約率の割合)がどう変わったのか。見て欲しいページの閲覧数が伸びているか、滞在時間でしっかりと吟味して読まれているかなどを見ましょう。

また、InstagramやTwitterなどのSNSのフォロワー数や、YouTubeのチャンネル登録者数、LINE友達登録数も合わせて指標として追っていけると良いでしょう。

 

 

2.施策を行う前後で数値計測ができているか

行った施策に対して数値計測を行うためにGoogleアナリティクス、Googleタグマネージャー、Microsoft Clarityの導入を推奨しています。

 

導入推奨のWebツール

導入推奨のWebツール

 

 

 

 

数字で全て見られるのがWeb施策のメリット

数字で全て見られるのがWeb施策のメリット

 

また、DMやパンフレットなど経由のアクセスや目標計測もパラメーターを仕込みことで計測することが可能です。

Web広告を実施した場合は、こちらの計測も忘れずに行いましょう。

 

 

 

3.取り組むべき施策の優先順位は明確か

(例)高校生が受験に至るまでのプロセス

(例)高校生が受験に至るまでのプロセス

 

上の図は、高校生が受験に至るまでのプロセスをフェーズごとに図式化したものです。

高校生がオンラインに触れるタッチポイントはかなり施策としてもあります。

そのため、施策の優先度は重要なものになります。

 

学校が志願者数をもっと増やしたいとした場合、どの部分を優先的に改善したらよいでしょうか?

 

(例)ファネルで改善点を考える

まずは、上の図のようにファネルで各数値を洗い出すと弱い部分が見えてきます。

 

まずは各数値を洗い出す

  • そもそも高校生のアクセスなのか
  • 無駄な広告アクセスがないか
  • サイトに必要な情報は載っているか
  • 参加したいと思える内容か
  • 離脱が多くないか
  • 予約フォームが使いやすいか
  • サイトはスマホ対応しているか

 

各数値から考えられる仮説を立て、実際に改善して効果検証を行いましょう。

 

施策によってOC予約率が0.5%から0.75%に(+0.25%)改善すると、当初の560名の志願者数を840名まで増やすことができます。

結果に一番大きく効果を与えるポイントを優先して改善することで最短距離で改善できる確率が高まります。

 

 

4.取り組むべき課題に優先順位をつけましょう

時間も労力もかけて施策を実行したが、それに見合った成果を得られなかったのでは本末転倒です。最短距離で効果を得るために、原則、一番効果が大きいところを優先して改善しましょう。

 

改善の流れ

1.どこの数値に改善ポイントがあるのか、分析ツールを用いて調べる

2.なぜその数値になっているのか、要因を分析し仮説を立てる

3.施策の実行・検証を行っていく

 

まとめ

この記事では、Web集客を改善させるためにどう取り組めばいいかを解説しました。

Web施策は、なんとなくやっても上手くいきません。

「目標に向かうために、どうすれば最短距離で行けるか」を考え、施策をとことんやり抜くことを大事にしてみてください!

 

 

オンラインセミナーを開催しています!

アクシスでは、定期的にセミナーを企画し役立つ情報を発信しています!

参加無料なので、ぜひお気軽にご参加ください。

>>セミナーの情報はこちらをチェック