Googleアナリティクス4(GA4)の特徴と押さえておきたい基礎知識

 

Googleアナリティクス4(GA4)の基本をまとめた、初心者にもわかりやすいお役立ち資料をご用意しました。
今すぐダウンロードして、GA4の基礎知識を身につけましょう!
さあ、はじめよう!基本から学ぶGoogleアナリティクス4

Webサイトを改善する上で欠かせないのが「アクセス解析」です。
Googleアナリティクス」は、代表的なアクセス解析ツールとして多くの方に利用されています。

しかし、2023年7月には従来のユニバーサル アナリティクス(UA)のデータ計測が終了するため、次世代のアクセス解析ツール「Googleアナリティクス4 プロパティ(GA4)」へ移行が活発化しています。

とはいえ、
「従来のユニバーサル アナリティクス(UA)とGA4はどこが違う?」
「GA4を使うとどんなことができるの?」

このような疑問をお持ちの方も多いはず。

そこで本記事では、GA4を初めて導入される方や、まずは基礎を学びたい方に向けて、GA4の特徴や押さえておくべきポイントをご紹介します。

この記事を読み終えた時には、GA4の基本が身についているはずです!第2稿1

Googleが提供するアクセス解析ツール「GA4」

「Googleアナリティクス4 プロパティ」とはGoogleが提供するアクセス解析ツールです。

一般的に「GA4」と呼ばれることもあります。

Googleアナリティクスの歴史

Googleアナリティクスのルーツは、米国のUrchin Software社が開発した「Urchin」というアクセス解析ソフトウェアです。

2005年にGoogleはUrchin Software社を買収し、「Urchin」の機能改修やブランド変更を経て「Googleアナリティクス」としてリリースされました。

当初は、世間一般のWebサイト自体のデザインがシンプルで、機能も充実していませんでした。

のちに技術が進歩するにつれて、Webサイトのデザインや機能が充実し、Googleアナリティクスも進化を遂げていきました。

GA4は、2020年10月に正式リリースされた最新版のGoogleアナリティクスです。

ユニバーサルアナリティクス(UA)のサポート終了

2023年7月1日をもって「ユニバーサルアナリティクス(UA)」のデータ計測が停止することがGoogleから正式に発表されています。

参照:Google公式によるUAサポート終了のアナウンス( https://support.google.com/analytics/answer/11583528

ユニバーサルアナリティクス(UA)の計測停止後、6ヵ月間はデータを閲覧することができます。

ただしサポート期間(計測停止から6ヶ月以降)を過ぎてしまうと、これまで計測していたレポートは見られなくなります。

必要に応じて、過去のレポートを事前にエクスポートしておきましょう。

GA4の移行スケジュール

ユニバーサルアナリティクス(UA)のサポート終了以降も継続してサイトのデータを計測したい場合は、遅くとも2023年7月までにGA4へ移行することをおすすめします。

GA4が登場した背景

1人が複数の端末を持つ時代に

ここ数年、オンラインにおけるユーザーの環境や行動は大きく変化しました。

誰もがスマートフォンを持つことが当たり前になり、複数の端末を使うユーザーも増えてきました。

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)では、1人のユーザーが異なる端末を使う場合、別のユーザーとして識別され、データが計測されていました。

サイト上のユーザーの行動を正確に分析するためには、ユーザーの行動に合わせた最適なデータを収集することが求められています。

プライバシーの尊重、Cookieの利用が規制されるように

昨今、ユーザーのプライバシーの保護がますます重視されており、Cookieクッキー※1などの情報取得や利用に制限がかかるようになってきています。

個人情報保護の潮流が高まるなかで、ユーザーの情報履歴や行動履歴にしっかりと配慮することや、データ規制に準拠したWebの活動が求められています。

※1 Cookie(クッキー):PCやスマホのブラウザに保存される、ごく小さなテキストデータ。ユーザーを識別する情報やアクセス状況などが格納されており、Webサイトを利用するさまざまな状況で利用される。

GA4の特徴

Webサイトとアプリを横断したデータ計測が可能になった

GA4ではWebサイトとアプリをまたぐユーザーの行動を、横断して計測することが可能になりました。

これまで、Webサイトのアクセス解析には「Googleアナリティクス」、アプリのアクセス解析には「Firebase Analytics」という2つの計測ツールを利用していました。

しかし、GA4では、これらの2つの計測ツールが統合され、Webサイトとアプリを利用するユーザーの行動を横断的に分析することができるようになりました。

ユーザー軸で行動分析ができるようになった

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)では、ページビューなどでデータを計測していました。

しかし、GA4では、イベント単位でデータ計測が行われるようになりました。

これにより、ユーザーがWebサイトに訪問するまでに、どこで接点を持ち、Webサイト内でどのような行動をし、最終的にコンバージョンに至ったのかを、ユーザーを軸にして分析することができるようになりました。

プライバシーに配慮したデータ収集が可能になった

GA4は、GDPREU一般データ保護規則)や、CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などのデータ規制に準拠したツールになっています。

さらに、サードパーティCookieが段階的に廃止される方向で進むなかで、Cookie情報を利用せずにデータ収集が可能な機能も搭載されています。

機械学習を活用した予測機能が追加された

GA4には、Googleの機械学習モデルを使った「予測機能」が新たに導入されました。

これにより、ユーザーの過去の行動履歴をもとに、今後のユーザーの行動を予測することが可能になります。

例えば「今後〇日以内に購入に至るであろう」という確度の高いユーザーを予測することで、購買意欲の高いユーザーグループの傾向を深く分析することができます。

ただし予測機能を利用するには、一定の条件を満たす必要があります。

Googleの公式サイトで解説されているので、気になる方はこちらをご覧ください。

参考:[GA4]予測指標 – Googleアナリティクス ヘルプ(https://support.google.com/analytics/answer/9846734?hl=ja

ユニバーサルアナリティクス(UA)とGA4の違い

結論から言うと、従来のユニバーサルアナリティクス(UA)とGA4はまったく別のアクセス解析ツールです。

従来との違いについて、以下の4つの点から解説していきます。

1.見た目(UI)

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)とGA4では、ダッシュボードの項目やグラフのレイアウトなどが大きく変化しました。

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)は、アカウント>プロパティ>ビューの3段階の構成になっていました。

GA4では、アカウント>プロパティの2段階構成になりました。

2.データの計測方法

ユニバーサルアナリティクス(UA)で計測した場合

AさんがWebサイトへアクセスし、ページを閲覧しました。
Aさんはそのページに「2分」間滞在し、またスクロール率も「90%」まで達しています。

一方、Bさんの滞在時間は「5秒」で、スクロール率は「15%」でした。

これらを数字だけで比較すると、AさんとBさんのWebサイト内での行動は全く異なります。

しかしながら、従来のユニバーサルアナリティクス(UA)では、サイト内のユーザーの行動が異なるにも関わらず、同じデータとして計測されていました。

GA4で計測した場合

GA4では、新たに「エンゲージメント(サイトやアプリに対するユーザーの操作)」という新しい指標が追加され、Webサイト内のユーザーの行動や性質がよりデータとして見やすくなりました。

「エンゲージメントのあったセッション」の定義

  1. セッションが10秒以上継続した
  2. 1件以上のコンバージョンイベントが発生した
  3. 2回以上のページビューイベントが発生した

例えば、Bさんはセッション時間が10秒未満だったため、「エンゲージメントのあったセッション」としては0と計測されます。

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)では、ユーザーがページに訪問した時間と次のページに移動した時間の差分を「セッション時間」として計測していました。

そのため、ユーザーが1つのページのみを閲覧してサイトから離脱した場合、セッション時間は計測されません。

GA4では、ユーザーが次のページへ移動せずに離脱した場合でも、Webページやアプリがフォアグラウンド(最前面)表示されていた時間を計測することができます。

参考:[GA4]ユーザーエンゲージメント – Googleアナリティクス ヘルプ(https://support.google.com/analytics/answer/11109416?hl=ja&ref_topic=11151952

GA4は「ユーザー」を分析軸としている

  ユニバーサルアナリティクス(UA) GA4
分析の軸 セッション ユーザー
計測の基本単位 ページビューなど イベント

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)では、「セッション」を軸に、ページビューなどを単位にデータを計測していました。

しかし、GA4ではユーザーを分析軸とし、イベント単位でデータ計測するようになりました。

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)には「イベント」という項目もありましたが、GA4で使用されるイベントとは別の意味なので注意が必要です。

GA4はすべて「イベント」として計測している

GA4では、イベント単位でデータを収集するため、様々なイベントを計測することができます。

イベントには、GA4の基本タグを設置することで自動的に取得される「自動収集イベント」や、計測したいデータに合わせてイベント名やイベントパラメーターを自由に設定できる「カスタムイベント」などがあります。

GA4の主要なイベント
イベント名 意味
first_visit 初回訪問が発生した時に送信されるイベント
session_start セッションが開始した時に送信されるイベント
page_view ページビューが発生した時に送信されるイベント
user_engagement ユーザーがブラウザに1秒以上滞在したときに発生するイベント
scroll 90%スクロールが発生した時に送信されるイベント
GA4のイベント構造

GA4では、ユーザーがWebサイトのページを閲覧した際に「page_view」というイベントが送信されます。

しかしながら「page_view」というデータだけでは、ユーザーがどこからアクセスし、どのページを見ていたのかまでを深く理解することはできません。

そのため、GA4では、イベントに関する詳しい情報を取得するために「イベントパラメーター」を付与することができます。

これにより、イベントの詳細なデータを分析することができます。

3.データの分析方法

GA4では、新たにGoogleシグナルを利用することができるようになりました。

Googleシグナルとは、Googleアカウントを持つユーザーの情報をもとに、異なるデバイスを使用していても、1人のユーザーとして紐づけてデータを取得することができる機能です。

ただし、Googleシグナルを利用する場合は、以下の特定の利用条件※2を満たす必要があります。

※2 Googleシグナルの利用条件:

  1. ユーザーがGoogleアカウントにログインしている
  2. ユーザーがGoogleアカウントに対して広告最適化(広告のカスタマイズ)を許可している

4.アクセス解析の考え方

GA4とユニバーサルアナリティクス(UA)では、アクセス解析における考え方が異なります。

ユニバーサルアナリティクス(UA)のアクセス解析の考え方

従来のアクセス解析の考え方は、「ファネル」に基づいていました。

「ファネル」とは、ユーザーがアクションに至るまでの心理プロセスを図式化したものです。

アクションに至るユーザーは、温度感が高く、ビジネスの成果に結びつきやすいため、アクションの段階に多くのユーザーを集めることが重視されます。

昨今では、リスティング広告などWeb広告を出稿して、ユーザーをWebサイトに集める手法が一般的になりました。

一方で広告のCPA※3やCPC※4が高騰し、Web広告が飽和状態にあるとも言われています。

※3 CPACost Per Action):1件のコンバージョン獲得にかかる費用、顧客獲得単価。
※4 CPC(Cost Per Click) :広告1クリックあたりにかかる費用。

GA4のアクセス解析の考え方

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)は、ファネルの最終段階である「アクション」にいる最も温度感が高いユーザーを分析することを重視していました。

一方で、GA4では、ファネルの最初の段階から将来アクションしてくれそうなユーザーを1つの流れで分析することができる特徴があります。

分析の軸が「ユーザー軸」に変わったことで、1人のユーザーの行動が一連の流れで把握しやすくなりました。

「今まで検索広告に頼っていたけど、GA4で調べると実はオウンドメディアからのアクセスが多かった…」ということが分かれば、オウンドメディアの記事やコンテンツを拡充することで最終的に成果に結びつく可能性も期待できます。

GA4のレポートの見方

GA4のレポート種類

GA4には、大きく2種類のレポートが存在します。

  標準レポート 探索レポート
活用の難易度 簡単 難しい
セグメント分け ×
高度な分析 ×
分析できるデータの期間 特になし 最大14ヶ月前まで

セグメント分け
GA4の標準レポートでは、セグメント※5機能を利用できません。

高度な分析
ユニバーサルアナリティクス(UA)に存在したカスタムレポートは、探索レポートで利用することができます。

分析できるデータの期間
標準レポートには、分析できるデータの期間に制限はありません。
探索レポートでは、最大14ヶ月前までのデータ分析が可能です。それ以前のデータは分析することができません。

※5 セグメント:データを特定の切り口で分析するために、ある指標で区切ること。
(例)新規ユーザー、広告からWebサイトに訪問したユーザー など

標準レポート

ユニバーサルアナリティクス(UA)に存在していた「集客」「行動」「コンバージョン」の項目が、GA4では「ライフサイクル」に統合されました。

どこで集客をして、サイト内でどのような動きをしてコンバージョンに至ったかを中長期的な視点で確認できる仕様になっています。

探索レポート

探索レポートでは、ディメンションと指標を組み換えて独自のレポートが作成できます。

イメージとしては、ユニバーサルアナリティクス(UA)の「カスタムレポート」に近い機能です。

新規で作成できるフリーフォーマットやテンプレートが用意されています。

GA4で数字を見る際の注意点

GA4とユニバーサルアナリティクス(UA)では、数字や指標の定義が異なっている場合があります。

定義を確認した上で数字を見ることをおすすめしています。

例:ユニバーサルアナリティクス(UA)とGA4の「セッション」定義の違い

GA4移行・導入方法

GA4は、従来のユニバーサルアナリティクス(UA)と数字や指標の定義が異なる部分があります。

移行・導入後の初期設定の段階で正しく設定がされていなければ、のちの計測環境に影響する可能性があるため注意が必要です。

GA4移行・導入の流れ

  1. 現在のユニバーサルアナリティクス(UA)の設定・取得しているデータを確認する
  2. GA4のプロパティを作成する(※新たにGA4を導入する場合はここから)
  3. Googleタグマネージャーに基本タグを設置する
  4. GA4で初期設定をおこなう
  5. イベントの設計をおこなう
  6. イベントを実装する
  7. コンバージョンを設定する

GA4の設定に不安のある方は、Googleアナリティクスに知見のある方や、支援会社などのサポートを受けておこなうことをオススメします。

イベント設計が必要

GA4のイベントには、大きく4つの種類があります。

イベントの種類 説明
自動収集イベント GA4の基本タグを導入すれば、自動的に計測されるイベント
拡張計測機能イベント GA4の管理画面で設定をONにすることで計測できるイベント
推奨イベント Googleが推奨するイベント名とパラメーターを持つイベント
カスタムイベント 自身でイベント名を付けて、自由にデータを取得できるイベント

「設定したけどデータ計測がうまくいっていない…」となってしまわないように、GA4の各イベントを理解した上で設計しましょう。

Googleアナリティクスの公式サイトには、GA4のイベントに関する詳細が記載されています。こちらも参考にしてください。

参考:[GA4]イベント – Googleアナリティクス ヘルプ(https://support.google.com/analytics/answer/9322688?hl=ja

まとめ

GA4は2020年にリリースされた新しいアクセス解析ツールですが、まだまだ発展途上のサービスです。

そのため、2023年7月までの間は、GA4と従来のユニバーサルアナリティクス(UA)を併用し、レポートの見方や使い方少しずつ慣れていくことをおすすめします。

また、弊社ではGA4分析やWeb集客にお困りWeb担当者の方に向けて、「Webマーケティングのことは何でも聞ける!」がコンセプトのQ&Aサービス「タズネル」というサービスをリリースさせていただきました。

詳細は下記のバナーより、サービスサイトをご覧ください!

第2稿1

【参考文献】
窪田 望 , 江尻 俊章 , 小川 卓 , 木田 和廣 , 神谷 英男 , 礒崎 将一 ほか『「1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本」』 インプレス , 2021.

Google Analytics 4 ガイド(https://www.ga4.guide