SEOのリライトまとめ|実施方法、コツ、注意点とは

「毎週ブログを更新しているのに、なかなか検索順位が上がらない...」
「オウンドメディアを運用して1年たったが、成果に繋がらない...」
「そろそろリライトしたいけど、リライトのコツがわからない」

このようなお悩みを抱えているSEO担当者の方は多いのではないでしょうか。

SEOにおいて、コンテンツのリライトは非常に重要な施策の一つです。

しかし、具体的にどのようにリライトを進めればよいのか、その手順や注意点がわからないという方も少なくありません。

そこで、本記事では以下の4つのポイントについて詳しく解説します。

  1. SEOにおけるリライトの重要性
  2. リライトの手順
  3. リライトの注意点
  4. リライト後の効果測定のポイント

本記事を読むことで、SEOに効果的なリライトの方法が理解でき、スムーズにリライト作業を進められるようになるでしょう。

リライトに悩んでいる方、これからリライトに取り組もうとしている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

また、「SEO対策」についての詳細は下記にて紹介してますので、ぜひご覧ください。

目次

SEOのリライトとは

SEOのリライトとは、すでに公開されているウェブコンテンツの記事や文章を改善し、検索エンジンからの評価を高めることを目的とした作業のことです。

リライトで主に実施すること

1. 情報の更新記事内容を最新の情報に更新することで、ユーザーに役立つ情報を提供できます。

2. 検索意図に合わせた改善ユーザーが検索した際の意図に合うように、記事の構成や内容を見直します。

3. キーワードの最適化記事内に適切なキーワードを盛り込み、検索エンジンに対してページの関連性を伝えます。

リライトによって期待できる効果

1.検索順位の向上質の高い記事は検索結果で上位に表示されやすくなります。

2.クリック率(CTR)の改善魅力的なタイトルや説明文で、検索結果からのクリック率が上がります。

3.ユーザー体験の向上読みやすく有益な情報を提供することで、滞在時間の増加やページ遷移率の改善が見込めます。

このように、SEOリライトは既存コンテンツの価値を高め、サイトへの流入数を増やすための重要な施策といえるでしょう。定期的にコンテンツを見直し、改善を続けることが大切です。

SEO対策にお悩みの方はこちら

SEOのリライトが重要な理由

続いて、SEOにおいてリライトが重要な理由を以下の3つのポイントに分けて解説します。

  • 検索アルゴリズムの変更に対応するため
  • ユーザーの関心事項やトレンドの変化に合わせるため
  • 競合他社への対抗のため

検索アルゴリズムの変更に対応するため

検索エンジンのアルゴリズムは常に変化しており、これにより記事の検索順位が変動することがあります。そのため、定期的なリライトで検索順位の維持・向上を図る必要があります。

検索エンジンの評価基準が変わった際に、それに合わせてコンテンツを最適化することで、検索順位の低下を防ぐことができます。検索環境の変化に合わせて自社のコンテンツを最適化し続けることがリライトが重要な理由です。

ユーザーの関心事項やトレンドの変化に合わせるため

ユーザーの関心事項やトレンドは常に変化しています。リライトによってコンテンツを最新の状態に保つことで、ユーザーの信頼を得られるようになります。

ユーザーのニーズに合わないコンテンツでは、アクセス数の伸び悩みや離脱率の上昇などにより検索順位が低下する可能性があります。定期的なリライトによって、ユーザーの関心に合ったコンテンツを提供し続けることが重要です。

競合他社への対策のため

競合他社がリライトを行い、検索順位を上げてきた場合、自社も対抗してリライトを行う必要があります。SEOは相対的な評価をされるため、競合よりも質の低いコンテンツは検索順位が下がってしまう可能性があります。

競合他社に先を越されないよう、自社のコンテンツを常に最新の状態に保ち、検索順位の維持・向上を図る必要があります。

SEOのリライト記事の選び方

ここからは、「具体的なリライト記事の選び方」について解説します。

検索順位が低い記事

まず、自社のウェブサイトの検索結果を確認し、検索結果の1ページ目に表示されていない記事をリライトの対象とします。検索エンジンの検索結果では、1ページ目に表示される記事がユーザーの注目を集めやすいため、これらの記事をリライトすることで、検索順位の向上が期待できます。

具体的な手順としては、まず自社サイトの検索結果を確認します。

Googleサーチコンソールなどのツールを使えば、自社サイトの検索結果の順位を確認できます。検索結果の1ページ目に表示されていない記事を洗い出し、リライトの候補として選定します。

また、過去の検索順位の推移を確認し、検索順位が下がってきている記事もリライトの候補とします。検索順位の低下は、コンテンツの陳腐化や競合他社の対策強化などが原因として考えられるため、リライトによってコンテンツの最新性や訴求力を高めることで、検索順位の回復が期待できます。こちらもGoogleサーチコンソールなどのツールを活用することで確認ができます。

Googleサーチコンソールについては、以下の記事でもご紹介しています。

検索順位が高く、アクセス数が低い記事

検索順位は高いものの、アクセス数が伸び悩んでいる記事のリライトに際しては、以下のポイントと手順を検討すると効果的です。

まず、アクセス数が少ない理由を分析することが重要です。検索結果には表示されるもののクリックされていない場合、記事のタイトルや説明文が魅力的でない可能性があります。そのため、タイトルと説明文を見直し、検索ユーザーの意図に合致したキーワードを含むタイトルに変更し、記事内容をより正確に反映する説明文への修正を行うことでクリック率の向上が期待できます。

ただし、重要なのは「タイトルに含まれるキーワードを大幅に変更しない」ことです。上位表示されているコンテンツでは、タイトルや見出しが検索エンジンに評価されています。これらを大幅に変更すると、検索順位が下がるリスクがあります。

リライトでは、タイトルに注目を引く要素を強調したり、数字を用いたり、記事が最新情報であることを明示するなど、見た目や表現を新しくして、ユーザーの関心を引きつけることが推奨されます。

さらに、記事の掲載日を確認し、情報が古くなっている記事をリライトの対象とします。ユーザーは最新の情報を求めるため、古い情報を含む記事は信頼性が低下する可能性があります。掲載から一定期間が経過した記事を洗い出し、内容を最新の情報に更新することで、ユーザーの信頼を再構築できます。データの更新、新しい情報の追加、表現の改善を行い、ユーザーが求める最新の情報を提供することが重要です。

SEO対策にお悩みの方はこちら

SEOのリライトの注意点

分析や調査を元にリライト

ただ単に文言を変更するだけではなく、分析に基づいたリライトが非常に重要です。文章の単純な書き換えだけでは、検索エンジンの評価を向上させることはできません。

適切なキーワード選定とコンテンツ構造の改善が必須です。まず、ターゲットとするキーワードを適切に選び出し、それらをタイトルや見出しに効果的に配置することが、検索結果での上位表示を目指す上で重要です。

さらに、コンテンツの構造も見直す必要があります。ユーザーにとって理解しやすく、情報が整理された形で提供することで、ユーザーの滞在時間の延長やページ遷移率の向上に繋がります。

これによってユーザー行動が改善されると共に、検索エンジンからの評価も高まります。文章の単なる改稿を超えて、SEO専門家による洞察に基づいた根本的な改善が求められます。

継続的に取り組む

リライトは一度限りの作業ではありません。検索環境は常に変化しているため、一回のリライトで満足することなく、継続的な見直しが必要です。

検索エンジンのアルゴリズム変更や競合他社の動向に応じて、定期的にコンテンツの更新を行うことが重要です。検索順位の変動を常に監視し、必要に応じてリライトを実施することで、上位表示を維持できるよう努めましょう。例えば、3ヶ月ごとにリライトを行うなど、定期的な見直しは欠かせません。

継続的な取り組みが、検索環境の変化に対応する鍵となります。

内部SEO対策の実施

リライトを行った後は、内部SEO対策にも取り組む必要があります。内部リンクの設定やサイト構造の改善などを行い、クローラビリティの向上を図る必要があります。

これにより、検索エンジンがウェブサイトをより効率的にクロールできるようになり、検索エンジンの評価が高まります。単にリライトを行うだけでなく、内部リンクの最適化やサイトマップの作成、ページ速度の改善など、内部SEO対策も同時に実施することが重要です。

リライトだけでなく、内部SEO対策を組み合わせることで、より効果的なSEO施策を実現できるのです。

SEOでリライト後の効果測定のポイント

検索順位の変化

リライトの効果を正確に評価するためには、リライト前後の検索順位の変動を確認し、順位の向上を具体的に把握することが重要です。

まず、リライト前の記事の検索順位を確認します。Google サーチコンソールなどのツールを使用して、自社サイトの各ページの検索順位を把握しておきます。

次に、リライト後の検索順位の変化を監視します。同じツールを使用して、リライト後の検索順位を定期的にチェックし、検索順位が上がっているかを確認します。これにより、リライトの効果を具体的に測定できます。

例えば、リライト前に検索結果の2ページ目(順位11位)にあった記事が、リライト後に1ページ目(順位5位)に上昇していれば、リライトが成功したと判断できます。検索順位の向上は、直接的にアクセス数の増加に繋がり、その結果、ウェブサイト全体のパフォーマンス向上に寄与します。

クリック率(CTR)の変化

リライトの効果を評価するためには、リライト前後のクリック率(CTR)の変化を監視し、CTRの向上を確認することも重要です。

クリック率(CTR)とは、検索結果に表示された回数(インプレッション)に対して実際にクリックされた割合を指します。CTRが高い記事は、ユーザーにとって魅力的であると言えます。

まず、リライト前のCTRを把握します。Google サーチコンソールなどのツールを使用して、各ページのCTRを確認し、そのデータを基にリライトを行います。

次に、リライト後のCTRの変化を追跡します。同じツールを使って、リライト後のCTRを定期的にチェックし、向上が見られるかを確認します。例えば、リライト前のCTRが2%だった記事がリライト後に5%に上昇していれば、リライトが効果的だったと判断できます。CTRの向上は、検索結果での上位表示に直結し、それがさらなるアクセス数の増加につながるため、非常に重要な指標です。

ユーザー行動の変化

リライト前後のユーザー行動(滞在時間、ページ遷移率など)の変化を確認し、ユーザー体験の向上につながっているかを確認することも重要です。

ユーザーの行動指標として、滞在時間やページ遷移率などを確認します。Googleアナリティクスなどのツールを使えば、各ページのユーザー行動データを確認できます。

例えば、リライト前の平均滞在時間が1分だった記事が、リライト後に3分に増えていれば、ユーザーにとって有益な情報が提供できるようになったと判断できます。また、ページ遷移率の向上も、ユーザー体験の改善につながる指標です。

これらのユーザー行動の変化を確認することで、リライトの効果を総合的に評価できます。単に検索順位や CTRだけでなく、ユーザー体験の向上につながっているかどうかも確認する必要があります。

まとめ|適切なリライトがSEOの成果を伸ばす

この記事では、SEOのリライトについて解説してきました。

適切なリライトは、SEOの成果を向上させるための重要な手段ですが、リライトの方法やその後の効果検証を適切に評価しなければ、リライトの良し悪しを判断することは難しいでしょう。

したがって、継続的なSEOの成功には、戦略的かつ分析に基づいたリライトが不可欠であり、これがウェブサイトの検索エンジンにおけるパフォーマンス向上の鍵となります。

この記事を参考に、SEOの成果を伸ばすリライトを進めてみてください。

 

また、弊社ではSEO対策でお困りの方向けに、「SEOコンサルティング」サービスをご提供しています。

「支援会社に頼んでるが成果が出ない」「SEO対策を進めていきたいが何をすればよいか分からない」とお困りの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策にお悩みの方はこちら