ホームページを作成する上で考えたい3つの目的

「ホームページを作成する上で考えたい3つの目的」のアイキャッチ画像

突然ですが、中小企業の経営者の方に質問です。

あなたの会社では、何を期待してホームページを作りましたか?

 

すでにホームページを持っている方は、つくった当時を少し思い返してみてください。

これからホームページを作るよ、という方であれば、どの目的でホームページを作ろうと思ったか考えてみてください。

 

  • 自社のホームページを作成した経緯や理由を覚えていない
  • なんとなく必要だから、ホームページをつくってみた

もしあなたがこのような状態であれば、ホームページを持つことで得られるメリットを十分引き出せていないかもしれません!

 

実は、ホームページの役割は大きく3パターンあります

そして、ホームページをつくる目的とその役割をしっかりと決めていなくては、どれだけ高いお金をかけても、あまり良い結果が出ない中途半端なものになってしまいます。

 

もしあなたが新しくホームページを作成する、もしくはリニューアルを考えているならば、ぜひこの記事を読んで、どのような目的で作成(リニューアル)するのか考えてみてくださいね。

ホームページを作るときに、なぜ目的が重要なのか?

ホームページ作成において一番重要なのは、目的設計です。

なぜなら、ホームページを持つ目的や、期待する結果が明確でないと、ページに訪れて欲しいユーザー像(ペルソナ)が曖昧となるからです。

 

ユーザー像が曖昧だと、そのユーザーが持つ悩みが分からず、どのようなコンテンツを届けるのか、定められません。

これではユーザーの心に響かず、期待する行動してくれません。そして反響のないホームページになってしまうのです。

 

  • どのような目的で、ホームページを作成することにしたのか
  • ホームページに、どのような効果や結果を期待するのか
  • サイトに来てほしい訪問ユーザーの姿、ユーザーが持つ悩み

 

こういったことが明確になれば、ホームページに記載すべきコンテンツや網羅すべき要素も見えてきます。

 

ホームページが担う3つの役割

先述のように、ホームページ作成では目的設計が重要です。

ただ、目的設計をするためには、そもそもホームページを持つことで、どのような力と効果が得られるか知っておきましょう。

ホームページを作り育てることにより、あなたが強化できる力は、大きく分けて次の3つです。

  1. 認知力
  2. 販売力
  3. 採用力

認知力(ブランディングが目的)

認知力とは、自分の会社を多くの人に知ってもらえる力です。

会社組織で言えば、広報のような役割を持ちます。

 

認知力が高まるほど、会社のブランドが向上します。

ブランドが高まることで、取引先や従業員の安心や満足度を高め、より円滑にビジネスをしやすくできるのです。

 

販売力(売上げアップが目的)

販売力とは、文字通り、会社の売上をアップさせる力です。

会社組織で言えば、営業担当のような役割を持ちます。

販売力が高めると、ホームページを経由して、新規の顧客を開拓できるようになります。

 

 

採用力(良い人材の獲得が目的)

採用力とは、優秀な人材を会社で雇用しやすくなる力です。

会社組織で言えば、人事担当のような役割を持ちます。

採用力を高めることで、求人エージェントなどにすべて頼らなくても、自社ホームページで求職者を集められるようになります。

 

【目的別】サイトにつくるべきコンテンツ

サイトの目的によって、メッセージを伝えたい読者像は変わります。

そして、対象となる読者像にあわせて、書くべきコンテンツ(記事)も変わります。

だからこそ目的をはっきりさせると、ユーザーにメッセージが伝わり、結果が出るページになっていきます。

 

では、それぞれの目的に合うコンテンツ(記事)とはどのようなコンテンツでしょうか。

それぞれの目的で作るべきコンテンツを紹介します。

認知力をアップさせるためのコンテンツ

認知力をアップさせるためには、ホームページに以下のコンテンツを掲載してみましょう。

 

認知力をアップさせるコンテンツ

  • 自社サービスを一言で表現するキャッチコピー
  • 自社サービスにかける熱い想い
  • 自社サービスを表現する写真とデザイン
  • 会社の経営理念
  • 電話番号などの主な連絡手段
  • 社長を含む社員の紹介ページ
  • 会社のイベントなどのニュース
  • 地域メディアなどへの掲載履歴

 

地元密着の企業であれば、「地域清掃の様子」や「社員への社長の思い」などを載せるのもよいですね!

 

販売力をアップさせるためのコンテンツ

販売力をアップさせるには、こういったコンテンツを掲載してみましょう。

 

販売力をアップさせるコンテンツ

  • 返品や発送などの項目
  • 自社の商品と他社の商品との違い
  • 商品の選び方ページ
  • 購入者の声やレビュー
  • 受注体制に関する説明
  • 使いやすいカートシステム

 

販売力を強めるなら、コンテンツの対象は商品を使うお客様になりますね。

よって、お客様に向けたメッセージとして、自社製品に対する想い、開発秘話、お客様事例などを書くとよいですね。

 

採用力をアップさせるためのコンテンツ

採用力をアップさせるには、こういったコンテンツを掲載してみましょう。

 

採用力をアップさせるコンテンツ

  • 従業員募集要項
  • 先輩社員からのメッセージ
  • ユニークな福利厚生
  • 会社のイベント風景
  • 社員の働いている姿
  • 採用検討者に期待すること


採用力強化をする場合、対象は入社を検討している学生などになるでしょう。

よって、学生に向けてのメッセージ、入社後のキャリアパス、新人に任せたい仕事内容などをブログ記事にするのがいいですね。

他にも、先輩社員の働きぶりを書くのもアリだと思います。

 

これら項目を、新卒・中途それぞれの応募見込み者の顔をイメージしながら作り込んでいけば、きっと採用しやすくなっていくはずです。

3つの役割は、お互いが関連している

これまで「採用力」「販売力」「認知力」について紹介しました。

ただ、これらの力はそれぞれが単独で存在するのではなく、相互に影響しています

 

例えばブランディング向上のために、認知力を高めることを意識して、ホームページのコンテンツを拡充するとします。

すると、結果としてブランディング効果だけでなく、売上高もアップすることがあります。

また、採用に有利になることも、もちろんあります。

 

同様に、販売力や採用力を高めたホームページを作ると、業界内で認知度が向上したり、従業員の家族が会社に対して安心感を持ったりします。結果として、ブランディング的な効果も期待できるのです。

 

とはいえ、最初からすべてを狙うのは得策ではありません。

まずは、どの力を獲得するのか決めましょう。

その上で、目的に合わせて、ホームページのデザインやテイスト、コンテンツの構成、文章などをつくっていきましょう。

 

期待する効果は数値目標として共有する

どの力を強化したいか決まれば、目標を数値にして関係者全員で共有してください。

 

例えば、こういった目標を立てるといいですね。

  • 認知力→市内で一番有名な工務店になる
  • 販売力→売り上げを20%アップする
  • 採用力→ホームページから求人の応募を毎月1人獲得する

 

こうやって数値目標をつくることで、同じ目的に向かって進むことができるようになります。

 

まとめ

この記事では、ホームページ作成における目的設計について紹介しました。

目的が決まれば、誰に向けて情報発信していくべきか明確になります。

そして、ホームページの目的と来てほしいユーザー像が決まれば、サイトに一貫性が生まれていきます。

 

ホームページは作って終わりではなく、作ってからがスタートです。

ホームページを従業員の一人のように考え、期待する役割を明確化し、腰を据えて育てていけば、非常に有能なスタッフとして育ってくれるのは間違いありません。

 

この機会に、ご自身のホームページを見つめ直してみて、「何を目的とするか」をぜひ考えてみてくださいね。