リスティング広告運用はインハウス、外注のどちらが良い?特徴と比較まとめ

「リスティング広告運用はインハウス、外注のどちらが良い?特徴と比較まとめ」のアイキャッチ画像

今やWeb集客の主流な方法になりつつある「リスティング広告(PPC広告)」

すぐに始められるというのが魅力の一つですよね。

 

しかし、その時に悩ましいのが、リスティング広告を「広告代理店に委託するか」「インハウス化(自社運用)するか」という点です。

 

リスティングの広告費は決して安い金額ではなく、特に中小企業にとっては、広告費の捻出は死活問題でもあります。

代理店に委託すれば手数料を支払う必要がありますし、自社で運用すれば広告費以外は必要ありません。

ただ「成果が出るか」というとまた別の話。人件費などのコストも当然ながら発生します。

 

そこで一旦利害関係を忘れて、リスティング広告を「広告代理店に委託するか」「インハウス化するか」について、それぞれ対比しながら特徴を6つの観点からご紹介していきたいと思います。

もしどちらかで迷われているようでしたら、ご参考にしてくださいね。

 

自社運用(インハウス)するメリット、デメリット

メリット

リスティング広告を自社運用するメリットは、以下のようになります。

GOOD

  • 手数料がない分、広告費自体は安くなる
  • ノウハウが社内に蓄積する

デメリット

リスティング広告を自社運用するデメリットは、以下のようになります。

BAD

  • リスティング広告運用者を育てるのに、人件費や教育コストがかかる
  • 常に最新情報にキャッチアップする必要がある
  • やってみたはいいけど、よい成果が出るかは分からない

代理店に業務委託するメリット、デメリット

メリット

リスティング広告を代理店に業務委託するメリットは、以下のようになります。

GOOD

  • 広告運用のプロが行うので、結果が出やすい
  • 手数料だけ支払えば運用を任せられるので、自社業務に集中できる

デメリット

リスティング広告を代理店に業務委託するデメリットは、以下のようになります。

BAD

  • 手数料(広告費のおよそ20%程度)がかかる
  • 自社にデータが蓄積しない
  • 最低契約期間があるので、ある程度続けることが必要

6つの視点で見るリスティング広告のインハウスと外注

成果の出やすさ

リスティング広告で効果を上げるためには、専門知識が必要です

中途半端に、片手間で運用していると、大きな成果は出ません。

 

なぜなら成果をしっかり出すには、こういった作業が欠かせないからです。

  • 事前の競合調査・市場調査
  • マーケティング戦略構築
  • 出稿キーワードの精査
  • 魅力的な広告文の作成
  • 運用開始後のPDCAサイクルの回転

 

その点、広告代理店はリスティング広告運用のプロです。

「成果の出やすさ」という観点では、広告代理店に任せた方が効率的と言えます。

 

またリスティング広告の運用スタイルやトレンドは時代によって変化しています。

つねに最新の情報をキャッチするアンテナも必要です。

最新の技術に基づき、効果的な運用ができることが代理店の強みです。

広告費用

ここで言う「広告費用」とは、Yahoo!やGoogleに支払う広告掲載料のことを指します。

広告代理店にリスティング運用を委託する場合、広告掲載料に加え、その「広告運用手数料」を支払うのが一般的です

リスティング広告の手数料の相場は、広告費の20%程度です。

 

仮に広告費が30万円なら、手数料は6万円、合計36万円を代理店に支払います。

しかし、インハウスで運用する場合は「広告運用手数料」は必要ありません。

その意味では、「広告費用」をできるだけ抑えたい場合は、自社で運用したほうがよいですね。

運用コスト

先述したように、リスティング広告運用は片手間で出来るものではありません。

自社で運用する場合、人件費や運用スキルアップのための時間投資などが必要です

それら「運用コスト」は、間接的に企業の負担となってきます。

 

大企業は別として、専門でリスティング広告を運用する担当者をつけられない企業も多いでしょう。

すると兼務で運用することとなり、リソースの確保に悩まれることも多いです。

 

その点、広告代理店に委託すれば、運用コストは必要ありません。

企業の担当者は、本来の自社業務に集中できる利点はあります。

データ・ナレッジの蓄積

代理店にリスティング広告を委託する場合、作成した広告アカウントの所有権は代理店に帰属する場合が多いです。

なぜなら、代理店は運用ノウハウを売りにしているため、開示しづらいのです

 

したがって、もし代理店と契約終了となった場合、アカウント内に蓄積されたデータは代理店のものになります。

一方で、リスティング運用をインハウス化する場合は、自社で広告アカウントを持てます。

広告運用を止めても、データ自体が残り続ける点はよいですね。

運用内容の透明性

先に述べた事情に関係しますが、広告代理店に運用を委託する場合、広告アカウント自体は非公開になる場合が多いです。

そのため、企業側が広告アカウントの詳細なパフォーマンスや細かな施策内容を、隅から隅まで知れません。

 

もちろん定期的に発行されるレポートや、打ち合わせの場にて、数値結果やある程度の施策内容は共有されます。

ただ広告の状況をすべて把握したい方には、広告代理店に委託する選択は不向きかもしれません。

 

とはいえ、代理店はリスティング運用のプロであり、日々成果をアップさせる施策などを行っているはず。

企業側が代理店を信用して、ある程度は任せるのも大事かもしれませんね。

契約面のリスクの有無

代理店に広告運用を委託する際には、最低契約期間条項があることが多いです。

最低契約期間とは、結果に関わらず、契約を維持させる最低期間です。

 

例えば契約書に「半年間は最低でもウチで運用して下さいね」という内容があった場合、成果が全く出ない場合でも、半年間は運用を行う必要があります。

 

一方でインハウス化する場合は、「広告を止めよう」と思った瞬間に止められます。

したがって代理店に委託する場合は、長期的な目線でまとまった予算を用意する必要がありますね。

まとめ

この記事では、リスティング広告をインハウス(自社運用)するか、代理店に任せる(外注)するかについて紹介しました。

どちらが向いているかは、会社の方針やリソースなどが大きく関わります。

 

項目だけ見ると一見インハウスが良さそうに見えますが、「成果が出るかどうか」は最も重要な項目です。

安く運用できても、結果が出なくては、1円の価値もなくなってしまうからです。

両者それぞれの特徴を把握した上で、ぜひ社内で検討してみるといいですね。